見出し画像

『コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ』9周年!!! #k2k2

『コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ』というイベントの幹事役を務めています。このイベントは、投資信託等で時間をかけて資産形成に取り組む=コツコツ投資家の、情報交換、懇親の場として始まりました。

幹事は、『投資信託事情』の編集兼発行人である島田知保さん、ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さん、そして私の3人です。

第1回は2010年6月、東京・六本木でセットしました。以来、原則、毎月第一水曜日に場を設けてきました。途中で会場は銀座に変更になりましたが、コツコツ続いて、昨年11月に100回目を迎えることが出来ました。先日、開催頻度を変更し、偶数月の第一水曜日の開催となりました。そのイベントが、6月の回で9周年を迎えました。

ご参加してくださった皆さん、皆さんのおかげで、長く続けることが出来たので心より感謝しています。

そもそも、この場が出来た頃は、リーマンショックや金融危機からそれほど時間が経っておらず、株価市況もあまり元気の無い時期でした。リーマンショックや金融危機での株価下落やその後の回復の遅い相場で投資を止めてしまった、市場から退出してしまった、そんな個人投資家も沢山いた時期です。そんなちょっぴりしんどい時期に仲間がいれば継続できるかもしれない、そんな仮説と、若い人たちに「コツコツ投資」の存在を知ってもらいたいという想いとが重なって出来たのが、この『コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ』でした。そうした発想ですので、あまり堅苦しい形式にはしていません。2時間の立食の交流会です。そこで交わされる話題が「お金」「株式投資」「資産形成」が中心で、話されている内容を聞かなければ、

飲み会

です。

幹事の3人はこの飲み会に100回以上、参加していることになります笑。

この9年で、このイベントが全国の各所に広がり、場所によって頻度、形式こそ違え、継続的に開催されているのは大変素晴らしいことだと思います。その意味で「仲間がいることがコツコツ投資の継続につながる」という仮説は、まあまあ正しかったのではないかな、と感じています。

一方で、若い人たち、あるいは、コツコツ投資の入口にいらっしゃる方にとって、どれだけの貢献ができたか、何か役に立てただろうか、という点に関しては、色々とやってみても良いのではないか、と感じています。

そういう考えのもと、「飲み会」の頻度を減らした分、別の形式のイベントも企画してみよう、と今、準備を進めています。

まだコツコツ投資を始めていない人、関心はあるけど躊躇している人、コツコツ投資を始めたばかりの人、言わば「コツコツ投資の入口近くにいる人たち」、こうした人たちに長く続けていくための考え方、ヒントを提供できるような機会をつくってみようじゃないか!と。

そのアイデアを煮詰めていく過程で、「コツコツ投資の入口近くにいる」皆さんのご意見を集められたら、と考えました。つきましては、下記のアンケートにご協力いただけないでしょうか。

より良いイベント企画につなげるためにも、ご協力してくださると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

「飲み会」に、まず行ってみたい、参加してみたい、という方、次回は8月です。ご参加をご希望される方は下記のページからお申込みください。

https://kokucheese.com/event/index/568900/

各地の情報を知りたい方はfacebookページをチェックしてみてください。お住まいのお近くで開催があるかもしれません。

https://www.facebook.com/k2k2toushi/

『コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ』を、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「寄付」も「投資」だと考えるようになりました。サポート頂いた際は、「寄付」の後「その先」を自分なりに観て、「寄付」したいと思います。

他のノートもよろしくお願いします!
7

renny

投信ブロガー(http://renny.jugem.jp/ )コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(東京・六本木→銀座)発起人 #k2k2 FC東京(SOCIO&ビッグフレームス)/競馬/男はつらいよ/横溝正史/Aerosmith/浜田省吾/矢吹丈/イケウチな人たち。

コツコツ投資の入口にいるアナタへ

長く、身の丈にあっただけのリスクを取るために。その入口で大事なのは、商品選びや目標設定だけではなく、これから一歩踏み出す場所がどんなところなのか、そこではどんなことが起きるのか、それを予め理解してようとする意思を持つことです。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。