【レオナ@ドイツ②】老人ホームとショッピングセンターが併設された、バーゼルの多目的複合型スタジアムへ潜入

--------------------------------------

※本文の無断転載、スクショによるSNS等への投稿はいかなる理由であろうと禁じます。

※単発での購入も可能ですが、月刊で「国内サッカーの現場より 竹中玲央奈のここだけの話」を定期購読していただくほうが圧倒的にお得です。

---------------------------------------

今季よりJ1の舞台で戦っているV・ファーレン長崎が新スタジアム構想を持ち、竣工に動いているというニュースが出てきた。


さすが高田社長というか、やはり商業分野での成功体験を持っている人の動きは早い。Jリーグが停滞している理由の1つとしてクラブにほんとうの意味での経営のプロが少ないことが挙げられるとは常々感じていたことだが、こういった動きを見せてくれるのは業界にとってプラスだ。

スポーツ界は閉鎖的で、外部の血を入れたがらない。加えて、“スポーツしかやってこなかった”というような人が多いように感じる。日本スポーツ界全般に言えることかもしれないが、とても保守的だ。IT分野で成功を収めた人間などが入ろうとすると煙たがられる風潮は間違いなくあると感じる。

でも、業界の発展のためには外の血を受けいれ、選手以外の人材に投資することが重要だと断言できる。楽天やDeNA、ソフトバンクが入ってきて野球がどう変わったかを見れば明らかではないだろうか。

と、話はそれたが、ドイツ3日目の4月25日水曜日に、ちょっと足を伸ばしてバーゼルへ行ってきた。同年代の英雄でもある柿谷曜一朗(セレッソ大阪)が所属してたチームだ。最近だと、今リバプールでキレキレのモハメド・サラーもいた。

そのFCバーゼルの本拠地でもあるスタジアムが、多機能複合型の施設として日本のクラブにとってとても参考になる。


今回の旅でぜひ入れ込みたいと思っていたらなんととても良いタイミングでツアーが開催されていたので、行くことにした。サッカーが国内において主流の文化に乗っていない日本にとって、このスイスのスタジアムから学べるものはかなり多くあると思った。というか、もろにパクって欲しい。

この続きをみるには

この続き:2,472文字/画像21枚
記事を購入する

【レオナ@ドイツ②】老人ホームとショッピングセンターが併設された、バーゼルの多目的複合型スタジアムへ潜入

Reona Takenaka

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。頂いたサポート資金は、より面白いコンテンツを届けるための遠征費や制作費に充てさせていただきます!

ありがとうございます!これからも応援よろしくお願い致します。
4

Reona Takenaka

国内サッカーの現場より。竹中玲央奈のここだけの話

エル・ゴラッソやサッカーダイジェストなどの専門誌において、Jリーグ、大学サッカー、高校サッカーと幅広いジャンルを執筆するスポーツライター・竹中玲央奈によるwebマガジン。国内サッカーのありとあらゆる情報をお届けします。Jリーグファンは必読です。 月に4本以上は更新いたします...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。