川崎フロンターレ2019、オフの移籍もろもろについての所感と裏側[前編]


----------------------------------------

※本文の無断転載、スクショによるSNS等への投稿はいかなる理由であろうと禁じます。

※単発での購入も可能ですが、月刊で「国内サッカーの現場より 竹中玲央奈のここだけの話」を定期購読していただくほうが圧倒的にお得です。

-----------------------------------


【目次】
-はじめに-
①車屋紳太郎の残留について
②馬渡和彰の“イレギュラー”だった加入
③板倉滉、三好康児の生え抜きの動向
④新卒選手の今後
⑤慰留に成功した選手達
※今回の前編では②まで

-はじめに-

多くのチームが2月末の開幕に向けて始動した。その中で補強(これは主力の流出防止を含む)に“成功”したといえるチームはいくつかある。川崎F、浦和、名古屋だろうか。別途ブログでも書こうと考えているのだが、この3チームが2019年のタイトル争いに名を挙げると考えている。

ただ、2連覇を果たした王者・川崎は盤石だ。いよいよ常勝軍団になろうとしている感があるが、その川崎の今オフの動きで特筆すべきは“主力の慰留”、これに尽きる。

シーズン終了間際には表立っていない移籍の噂が出回っており、その中で川崎の選手流出に関する話もちらほらあった。もうシーズンも終わっているし、その話も含めて今冬の移籍についての話をしようと思う。

この続きをみるには

この続き:2,267文字
記事を購入する

川崎フロンターレ2019、オフの移籍もろもろについての所感と裏側[前編]

Reona Takenaka

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。頂いたサポート資金は、より面白いコンテンツを届けるための遠征費や制作費に充てさせていただきます!

ありがとうございます!これからも応援よろしくお願い致します。
8

Reona Takenaka

国内サッカーの現場より。竹中玲央奈のここだけの話

エル・ゴラッソやサッカーダイジェストなどの専門誌において、Jリーグ、大学サッカー、高校サッカーと幅広いジャンルを執筆するスポーツライター・竹中玲央奈によるwebマガジン。国内サッカーのありとあらゆる情報をお届けします。Jリーグファンは必読です。 月に4本以上は更新いたします...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。