見出し画像

PHOTOSHOP/綺麗なレタッチをするための下準備『裏テクニック』

こんにちは。

札幌を拠点とし活動中のレタッチャーNORD WORKSのオオタニです。

本日はレタッチをする前の下準備テクニックです。

みなさんよく人物や背景などをより美しくするためにレタッチをしていますよね。肌であればクスミやニキビ、シミ、シワをとり、美しい空や水中であればゴミや不要物を削除したり。

しかしそのままスタンプツールや修復パッチツールなんかでガシガシ作業していませんか?

じつはそれ元々の豊かなグラデーションをもった情報を壊している可能性があります。

実は素のデータでは見えにくい美しい階調が隠されていてこれが壊れると仕上がりにの美しさに差がでてくるのです。

そこでご紹介するのがこちら!!

レタッチ前のチェック用トーンカーブシリーズ。

この3つがあれば見えないものが見えてきます。

1.階調チェック用

トーンカーブをこのように波波にすることで目では確認しにくい階調の境界線が見えてきます。同じ階調エリアからスタンプポイントを拾うことで美しいグラデーションの階調を壊さぬようレタッチすることが可能になります。

波の数を増やすとさらに細かく階調の変化を見ることができます。


2.明るめトーンカーブで暗闇に潜んでいる見えないゴミを引き出す用

こちらは単純なトーンカーブの真ん中をグイっと持ち上げた明るめトーンカーブ。これで暗闇に潜んでいるゴミや不要な髪のなどが見えてきて、より丁寧に削除できますね。


3.暗めトーンカーブで白飛び気味のゴミを引き出す用

最後は先程の明るめの逆。

いままで気にならなかったゴミやシミをこの暗めトーンカーブで見える化します。これで光に隠された不要物も丁寧に削除できますね。

ということで基本この3つのトーンカーブでチェックしながらレタッチすると作業効率もあがり、またレタッチ漏れも防げるはずです。

この3つがワンクリックでできるアクションをつくっておくと、ものすごく便利ですよ。

是非おぼえてくださいね。


オススメ記事

PHOTOSHOP / 明瞭度で肌の質感が変わる!?



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは新作の素材や資料などに使用させていただきます。

ショートカットキー:覆い焼きツールはO
61

レタッチャー / 大谷キミト

レタッチャーという職業です。 写真とPhotoshopで広告ビジュアルを制作しています。 noteでレタッチテクニック大放出中です。 レタッチ事務所NORD WORKS代表 https://www.nordworks.net

広告レタッチャーによるPHOTOSHOPテクニック集

広告レタッチャーが使う基本的なPHOTOSHOPテクニックから参考書には載っていない裏ワザまでを大公開
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。