書評

3
ノート

[書評]好奇心を“天職”に変える空想教室/植松努

新年一冊めの読書です。植松努さんという方のTED動画を見た事でこの方の本に興味を持ちました。リアル下町ロケットのような方。

夢を持つって何だっけ

男の一生というか人間の一生は何を成し遂げたかそれが大事な気がしてきた。うまい事は言わなくていい、カッコつけない無骨な言葉でいい。とにかく夢を持つ。
何になりたいかでなく、何を成し遂げたいか。それが大事なんだろう。ワクワクすることができるか。というよう

もっとみる

[書評]そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか/ 山口陽平 著

「何をやるか」ではなく「どうやるか」

この本では、日本におけるビジネスモデルのあり方や、ライフスタイルの考え方を変える方法を紹介しています。会社を辞めて起業したいと考えている方にオススメできる1冊です。従来のイメージとは違う「起業」というものが増えてきているとのこと。
日本的な農耕型起業とはどんなものか。じっくりとアイディアを形にして行くことが日本的と紹介しています。AKB48の仕組み、ほぼ日の

もっとみる
ありがとうございます、これからもがんばりまっす!
38

[書評]常識からはみ出す生き方 ノマドワーカーが贈る「仕事と人生のルール」 クリス・ギレボー 著

この著者クリス・ギレボー氏は、ノマドワーカーとして働きネットビジネスで成功された方です。たまたまおもしろそうなタイトルだったので手に取ってみました。というのも最近日本でも聞くようになったノマドという働き方に私も興味があるからです。著者はこれまでに世界183ヵ国も旅をされたようです。日本でいうと高城剛さんのようなイメージでしょうか。世界中を渡り歩いて、自分が一つの場所に居続けない。この方も落ち着くこ

もっとみる