【有料】シティリーグシーズン3大阪(マスター)優勝サナニンフ〜ムウマージの犠牲フライ〜

(前書き)
シティリーグベスト8のレシピは公式で公開されることもあり、この記事はデッキレシピの部分までは無料となっております
サナニンフというアーキタイプ自体はSM10a(ジージーエンド)環境でも十分通用するデッキ(のはず)なので、是非参考にしていただければと思います

1.環境考察と構築経緯

公認大会千葉環境はピカゼク・ウルネク・ジラサンの3つを中心としたメタゲームで、これらに加えてこの3デッキを完封出来るデッキが上位に進出するという結果になりました
以降、ダブルブレイズが発売されたことにより、下記のような環境変化が起こったと思っています

・レシリザの登場→ピカゼクが一方的にワンパンされること+多少飽きられたことにより減少→ピカゼクに押さえつけられていた敗北者……もとい180GXや1進化GXの復権
・ズガドーン単の登場→ピカゼク以外のデッキでもマーシャドー、ジャッジマンの採用率が上昇する→連勝を求められる大会でのズガドーン単が減少(3/24段階ではこのあたりまでメタが進んでたと思います)
・エルフーンGXの登場→無人発電所を採用できるデッキは無人発電所を採用し、トイボックスGXの返しに打つため、マーシャドーとジャッジマンの採用理由が増える
・炎増加、1進化復権という要因からゾロアークがジュゴンやペルシアンGXと組みはじめる

発売直後はレシリザ含む炎が増えていましたが、SM10(ダブルブレイズ)環境終盤では炎は対策され少し数を減らしていました
SM10の注目されたカードには、ムウマージもいて、レシリザムウマージなど、ブルーからムウマージにアクセスするデッキも発売前から考察されていました

サナニンフ単の発想自体は公認大会千葉の前から知っていて、同じ理屈でサナニンフムウマージを組めるのではないかと思い構築開始
新規TAGのレシリザにも、こだわりメットで捌けばいいだろうと判断しました

2.デッキレシピ

デッキコード:pMyypE-eagG2D-p2M3X2

サナニンフ単をベースにドローソースとしてムウマージを採用、炎をメタるデッキを中心とした2パン系のデッキに対して無類の強さを発揮し、1パンを狙ってくるピカゼク・ウルネク・レシリザに対しても、こだわりメットで要求値を上げ、十分に勝負出来る構築にしています
また、TAG TEAM 単のムウマージは実質的にサイドを取られていない、というだけではないメリットが使い始めてから判明しました

この続きをみるには

この続き:7,620文字

【有料】シティリーグシーズン3大阪(マスター)優勝サナニンフ〜ムウマージの犠牲フライ〜

逆雨

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

逆雨

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。