見出し画像

時代のベースカラーはグレーなのかな?

インテリアライフスタイル展に行ってきました。
センスの良い作家さん達に展示会どこでる?と聞くと、多くがインテリアライフスタイル展、と答える。
オシャレなセレクトショップや雑貨店の買い付けには、この展示会が私もオススメかな。


今回気がついたことは、グレーベースが多い。
壁も、商品もグレートーン。
カタログもグレーベースが多い気がする。
商品の色展開も強い色味でなくペールカラー的なもの。
壁紙の色は8色から選べるはずなのに、白、グレー、たまーに黒で9割ぐらいな印象。


ナチュラルでクリーンな印象の商品が多いのだけど、手仕事的な商品もグレーバックにプロダクト的に仕上げているモノが目についた。
あとはリサイクル的なもの。


少し前ならば、ナチュラルというとベージュ系のバックに植物を飾っているようなブースが多かったけど、ナチュラルの雰囲気も変わってきたかもしれない。


GoogleHOMEやmacなど、白をベースにグレーのパッケージやIT機器プロダクトが目につくけど、そういうのも全体に影響与えているのかな?


私も2月の展示会はグレーベースに白ロゴでブースデザインした。
自分でも数年前はクラフトカラーをベースにカタログや名刺を作っていたのに、今はグレーベースにしている。
クラフト感を抑えてプロダクト的な雰囲気が今の時代にしっくりくる気がしている。


と、忘備録でした。
展示会の出展を考えている作家さん、買い付けを考えているお店さんはこちらの記事もどうぞ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

♡♥♡♥♡
6

ミヤジマ リカ

インソールとバッグ・革小物企画販売、時に製造もしています。 シューズメーカー企画・インソール製造販売を経て10年間シューズデザイナーに従事。 使いやすさ(機能とデザイン)に拘って物作りを物作りをしています。 web : https://www.ricca-tokyo.com/

商品企画

商品を企画についてなど、物作りにまつわることを綴っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。