見出し画像

Anoice 5thアルバム「Ghost in the Clocks」リリース!

いよいよ、お盆休み。

例年のごとく、暑いは台風は来るはで大変な夏ですね。
そんな中、ついにAnoiceの5thアルバム「Ghost in the Clocks」がリリースされました。

日本人アーティス トとしてはトップとなるSpotify再生数を記録した「old lighthouse」やAmazon Prime(アメリカ)のTrending Movieチャートで1位を記録したハリウッド映画「Girl Lost」のエンドロール曲「invasion」を収録した、ポストクラシカル、ポストロック、アンビエントの金字塔である4thアルバム「into the shadows」のリリースから4年。
壮大なシネマチックサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceが、メンバーであるTakahiro KidoとYuki Murataのソロプロジェクト、そしてサイドプロジェクトであるRiLFやfilmsやmizu amaneでのリリースを経て、ついにAnoiceとしての5枚目のフルアルバムにして最高傑作となる「Ghost in the Clocks」をリリース。
壮大なオーケストレーションと鮮烈なノイズによる破壊的なまでに美しいサウンドスケープで構築され、世界中の音楽メディアの年間ベストアルバムスに選出されたサードアルバム「The Black Rain」のその後を描いた、まさにAnoiceの唯一無二のサウンドと言えるダークシネマチックな名作が誕生しました。

アルバムはエモーショナルなピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルートで構成された美しいオーケストラ、そしてエネルギッシュなリズムから作られており、特に収録曲である「time」や「heroes」はハリウッド映画のサウンドトラックを超える迫力のサウンドが特徴。
また、村山由佳の同名小説をドラマ化して話題になったWOWOW連続ドラマ「ダブル・ファンタジー」でもリアレンジバージョンが挿入曲として使用された名曲「missing」やAnoiceのファーストアルバム「Remmings」に収録されている人気曲「Liange」を彷彿とさせる「it」などの、涙を誘う美しいメロディーを備えたクラシカル曲、そしてAnoiceのパンクスピリットを垣間見ることができるノイジーなロックチューン「rebirth」を収録。

今回、アートワークはサードアルバム「The Black Rain」と同じくイラストレーター新藤洋子が担当。
CD(10トラック)とデジタル(10トラック)だけでなく、アナログレコード(8トラック)もプレスされ、世界中の音楽ストアでも販売中です。

レコード/CD
https://riccolabel.bandcamp.com/album/ghost-in-the-clocks
デジタルダウンロード/ストリーミング
https://linkco.re/faTGGG8M


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Ricco Label

東京の音楽レーベル&CMや映画の音楽制作事務所。www.riccolabel.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。