【突然企画!】→とあるブロガーさんからインタビュー受けましたシリーズ第一回『noteをなぜ広めたいと思っているのか』※しょぼコン☆ピンポンお試し版付き

前回、【しょぼコン☆ピンポン】の記事を書いたんですが、おっそろしく盛り上がらないので一個無料のしょぼコン※しょぼいコンテンツを用意しました! 

まぁ、当たり前です 笑

実は、現在企画中の『1万円投げ銭企画』にもご参加いただいている方で、最近ご縁があったワカナ@会いに行くブロガーさんにpolcaで、1万円ほど投げ銭をしたら、なんとわたしの事を記事にして下さるとおっしゃるではありませんか!!


ワカナさんのnoteはコチラ→

ワカナさんは今、キャンピングカーで全国各地のブロガーさんに会いに行くと言う企画を準備しておられます!面白そうだな、と思われた方はコチラから支援できます。

ワカナさんのpolcaはコチラ→

【日本全国のブロガー100人にお会いし記事を書きます!】第一弾『関東編』を8月27日から開始します!🐹🔥私がブロガーさんに会う1番の理由は、「SNSやブログ上の文字だけでは知りえないブロガーさんの魅力を伝えたい」と思ったからです。初めてブログを始めた際から、私は沢山の先輩・同期ブロガーさんに助けて頂いてます。それは、SNS等のDMだけでなく、YouTubeやラジオ等で声を交わしながらのとても丁寧なものです。その際、ブロガーさん達には文字だけでは伝わらない素敵な一面があると知りました。😌✨ブロガーさんに直接会うことで、その魅力を私が記事にし、伝えたいと考えています!お礼には、ご支援いただいた方の"ブログ"若しくは"Twitter"のURLを、企画後のまとめ記事で、紹介させて頂きます🌸このご支援金額次第で、次回企画を行えるかの判断をします。詳細はブログにありますのでご確認頂けると幸いです! - polca(ポルカ)"車にアイコンステッカーを貼らせて頂きます!紹介URLをまとめ記事に載せさせて頂きます!"を支援のおかえしとして受け取るこpolca.jp


ワカナさんのツイッター/ブログはコチラ→


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

記事の為のいくつかご質問を頂きまして、それを書くうちに、なんと原稿8枚にものぼる特大ボリュームとなりました!我ながらやばし!!

noteに対する想いが熱すぎて自分でもびっくりぽんや。(^_^)

当初の計画より膨大な情報量となってしまった為、こちらに全文を掲載して、ワカナさんにまとめて頂く形にしました。

わーパチパチ👏

ワカナさんの記事めちゃくちゃ楽しみです!

今日から6日間、連載シリーズで毎日 インタビューへの答えをまるっとコピペします。

第1回 『noteをなぜ広めたいと思っているのか』

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ワカナさん  (以下ワ):こんにちは!

りでぃす(以下り) :はい、こんにちは!

ワ:えーっと、記事にするに当たり、いくつかの      質問をご用意したので、まず、りでぃすさんがどうしてnoteを広めたいのかを教えて下さい。

り:えーとですね、話が長くなるので、全部紙に書いてDMに送りますね。

ワ:紙に書くんかーい

ーー以上、単なる演出でした。では、本文をお楽しみくださいーーー

(本文スタート)

質問:なぜnoteを広めたいと思っているのか。

A:

noteを広めたい理由は、凡人がスターになって輝ける場所だと思うからです。


TVが主流だった時代は、芸能人やスポーツ選手、メジャーアーティストがいわゆるスターだったと思うんですよ。

でも、インターネットが導入されて、ブロガーやYouTuberもスターに加わった。それをインフルエンサーと呼ぶこともあると思うのですが。

だけど、名前を売っている人達、すごい稼ぎを持っている人達というのは、並以上でないとなれないという壁がやっぱりあると思うんです。特別努力家だったりとか、体力があったりとか、センスがあったりとか…。
(これは、ブロガーさんにケチをつけようとかそう言う意図ではなく、現実問題としての難しさを言わんとしています。)

それはやはり、突き抜けた事をして数字を集めないといけないからだと思うんですよ。つまり、インターネットで稼ごうと思ったら、結局スターにならないといけない。

しかしそれを万人がやれるかと言ったら、正直未知数ですよね。
とくに、わたしも含め心身疲れやすかったり、パソコンすら買えなかったりと、いろんな要因で難しい人も大多数いると思います。普通に働けないからこそ、独自の稼ぎ方を求めているのに。

それを解決してくれそうなのがnoteだと思ったんですよ。

noteには『サポート機能』と、『販売機能』が付いているので、
雰囲気から分かると思うのですが、コンテンツを収益化できるツールになると思うんですね。

また、記事を書くと言う点で前述のインフルエンサー的稼ぎ方とnoteは一見似ているようですが、根本的部分で全く違うものだと言えると思います。 

例えて言うなら前者が商人と手を組んでる大道芸人だとすると、後者は自分の芸を売っている大道芸人。

前者は文字通り広告塔で、後者はある意味芸術家と言えます。
広告塔は人を集めるのが仕事ですが、芸人は芸をするのが仕事ですよね。
つまり、『自分らしさ』をそのまま武器にできる可能性を秘めていると言うことなんですよ。

もちろん、ある程度数字を集めなければいけないのは一緒ですが、広告主のために集めるのか、自分のために集めるのか、という点で明確な差が出て来ると思います。
なぜなら広告塔としての記事投稿は広告主から配当金をもらう立場である反面、noteでの投稿は、自分のお客さんを集客して相手から直接代金やサポートをもらえると言う違いがあるからです。

集めなければいけない人数も全く違います。広告塔としての仕事では不特定多数の人を一気に集めなければいけないのに対して、noteでは太い固定客を集めることの方が大切になってきます。

つまり、より自分の個性を出し切る事が出来るという事です。

そこがすごく新しいなと思ったんです。
本当は、みんなが求めていた事なんじゃないのかな…と。

それにnoteって他のSNSのいろんな特徴を全部含めたようなマルチなSNSだと思うんですよ。例えば、Amebaブログのようにブロガー同士で繋がれたり、Instagramのように写真だけを投稿できたり、動画や音声をシェア出来たり、ツイッターの様に呟けたり。

それぞれのSNSには特徴があって、長所と短所がありますよね。
例えば、Amebaブログは検索されやすい上に横のつながりを作りやすい反面、収益化できる可能性が極端に低いとか、ツイッターは拡散力もあるし旬の情報を簡単に仕入れる事が出来る反面、内容の濃いものを書いても過去に流れていって見てもらえないとか、

そういった他のSNSの限界を越えて行く‘可能性’を秘めたプラットフォームだと思うんですよ。扱っているものがマルチだからこそ、その折り合いをつけて行くのも至難の技で、今は運営側によるカイゼンに期待を込めて待っている状態ですが 笑

もう一つnoteの良いところは、他のユーザー達との関係性を、よりリアルに近いものにする事が出来るという点です。
noteには『マガジン』という機能がついていて、趣旨の違う複数のコンテンツを同時に発信しても、マガジン別に分けて置いておく事が出来る上に、マガジン別のフォローが出来るようになっています。

これがどういうメリットかというと、ツイッターで言う『本垢』と、『サブ垢』『裏アカ』を同じアカウントで運営出来るって言うことなんです。つまり、1つのアカウントで一人の人格と言うスタンスを取ることが出来る。だからリアルなんです。

例えばAさんという人がいて、Aさんの趣味が、釣り、漫画、サイクリング、料理だとして、そして実はめちゃくちゃ変態だとします。

リアルで生活していたら、やはり趣味ごとの人間関係が形成されて行って多方面に友人ができると思いますが、それぞれの方面から出会った友人達が、Aさんの全てを好きとは限りません。


釣り仲間をAさんの変態仲間に紹介したら、釣り仲間が音信不通になった!と言う事が起こりうる訳です。だから、かしこいAさんは、付き合いを分けると言う事をします。


それと同じ事が、noteでは出来ます。釣り仲間には釣り情報だけを発信、変態仲間には、変態情報を発信、と言うように。だから、『ありのまま表現する』が可能なんです。とても未来的だと思いませんか?!

※因みにこの発想のヒントをくださったのは、noteの伝道師コンドウ シュウヘイさんです。

わたしのよりはるかに説得力のある記事を書かれているのでコチラも合わせてお読みください。


また、文章が苦手な人は音声を、それも苦手な人は絵や写真を、自分の強みとしてユーザーに公開して、評価を得る事が出来ます。

イメージでいうとnoteは、リアルをオンラインに再現した上で、いろんなルールや制限を超越した、原始的な社会に戻れる空間だと言えるかもしれません。
『人間』に戻れる場所なんだと思うんですよ。


リアルで商売しようと思ったら、土地代とか信用とか、いろんなものが揃わないと難しい。でも、noteでは道端でモノを売ると同じレベルで自由な商売ができます。

以上のnoteの特徴は、わたしが独自に分析した内容なので、実際それが正しいか分からないし、まだまだそういうい使い方が浸透している状態ではないのが現実だと思います。

ほとんどのユーザーは文章を無料公開しているし、無名の人のコンテンツは、よっぽどでない限り売れない事の方が多い気がします。

だからこそ、そういうnoteの潜在的な価値を具現化していけたらいいな…と言うのがわたしの本音です。

ー次回につづくー


では、お待ちかねの、しょぼコンお試し版のURLです。

↓↓↓

椎名林檎「歌舞伎町の女王」カバー

コチラしつこく全シリーズに貼り付けさせていただきます。(同じURL 笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます😊 こんなわたしに関心を持ち、なおかつ応援しようとして下さった事を何より感謝します。あなたの事を一生(かは保証できないけれど)ずっと忘れません!ありがとう😊

大当たり🎯
9

りぃ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。