ナミダの訳ーファイターズを愛して13年目の夏。

107試合目 2019 8/ 12  H×F  6対3  ヤフオクドーム

先発吉川光夫ー前日、川島慶三だけは押さえてくださいよ、とお願いしたのに、あっさりヒット打たれよって…。どうしてそうなのよ、光夫…と涙にくれそうになった午後。朝っぱらからめちゃ忙しかったレジの仕事を終えるともう2時。

家に帰るとすでに0対3で負けている。ピッチャーは、金子弌大に変わっていた。ちーちゃんは、気迫に満ち、ストレートはビシビシ走って、素晴らしい投球。しかし、その燃える魂に、打線が応えることはできなかった。

13安打で3得点。勝てない時は、こういうもんだ。何をやってもうまくいかず、相手は、勝機を掴んだら決して逃さない。

強い強いタカに、またしても爪で踏みつけられるように、負けてしまった。

辛いわあ・・・。泣けてくるわ・・。なんで野球見てるだけで、こんな目にあうんだろうか。こんな目にあうなら、野球ファンなんてやめちまえばいいんじゃないか。誰に頼まれたわけでもなし、誰がファンだろうがファンでなかろうが、どうでもいいことなんだし。

わたしが、厳密に、ファイターズファンになったのは、2007年の日本シリーズでファイターズがドラゴンズに負けた日、からのことだ。2006年までのシーズンは、飛び飛びにしか見ていない。日本一になった日本シリーズをまともに見たくらいの。当時は、プロ野球から離れている時期だった。

2007年のシーズン前に、たまたまJCOMに加入してみたらgaoraでファイターズの全試合を中継していた。そこから急激にはまっていって、札幌ドームにも出かけるようになった。ペナント連覇とロッテとの死闘、クライマックスシリーズは、わたしを夢中にさせるに十分のスリルに満ち、感動的なゲームの連続だった。

そして迎えた日本シリーズ。前年と同じ中日ドラゴンズとの再戦。ファイターズはまるで鏡の裏返しのように、1勝4敗で落合ドラゴンズに叩きのめされた。

紙吹雪と紙テープが降り注ぐ中、ベンチの前で座り込む、坪井智哉、呆然と立ち尽くしているベンチの中の面々。まだ若い田中賢介は泣いていた。

わたしも泣いた。人生で味わったことのないような心境の、涙が溢れてきて、胸がいっぱいになって、流れ出る。

プロ野球は中学生の時から好きだったけれど、こんな気持ちになったことは一度足りともなかったから。

これって何なの? この気持ちって、どこから湧いてくるの?

その日から、わたしは、ブログを書き始めた。

ーナミダのファイターズー

ブログのタイトル名は、それしか思いつかなかった。

以来、13年。涙の訳は、今もわからない。

そして、ファイターズファンであることも、やめてない。

ナミダとともに。

また、これからも、続いていく。


ファイターズ 52勝51敗4分け  4位になってしまいました。









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊
2

namidano38

小野山 理絵 元マンガ評論家 1996年「ガロ マンガ評論新人賞 佳作」北海道新聞で8年間マンガコラム。今はレジと厨房の二刀流パートのおばちゃん。「2019北海道日本ハムファイターズ143試合全部書く!」イベント開催中!その他マンガ、映画などについて書きます。

2019ファイターズの143試合全部書く!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。