Bクラス確定 色々あった、色々ありすぎたファイターズ。2019年シーズンが終わっていこうとしています…。

139試合目 M×F 4対0   ZOZOマリンスタジアム千葉

マリーンズのエース候補に成長した種市投手の前に、遥輝くん以外沈黙。

先発吉田輝星、緊張からなのか? パリーグTVの画面からは、全く元気が伝わってこない。投げ方にも迫力はなく、ストライクが入らない。フォアボールで走者をだし、置きにいったストレートを打ち込まれる。ほぼ全員フルカウントになり、自滅する形で2失点。取ったアウトは全部三振だった…。

3位のかかるといったって消化試合のマウンドで。もっと思い切ってバンバン行って良かったのに。萎縮しているのが、ひどく気になった。

18歳の高卒ルーキーに、そんなに重たいものを背負わせてどーすんだよ? 

どうにもこうにも何もかもがぎくしゃくし続け、思惑どおりに行くことは、およそなかった今年のファイターズを象徴するように。期待をかけて送り出す、栗山監督が甲子園の星に思いを込めた物語は、グラウンドで綴られることはなかった。

そもそも栗山英樹の妄想野球は、妄想に過ぎないのだから。

妄想のままで終わってしまった。 で突き放すことは簡単だけれど。

夢は正夢と掲げ続けたー栗山英樹の野球の道は、どこに行くのか。

ファイターズの未来は、どこに向かってるのか。

こんなに漠然と もや〜〜っとした霞がかかった終わり方は、北海道日本ハムファイターズのファン歴13年にして初めてです。


ファイターズ 63勝71敗5分 5位













この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊
2

namidano38

小野山 理絵 元マンガ評論家 1996年「ガロ マンガ評論新人賞 佳作」北海道新聞で8年間マンガコラム。今はレジと厨房の二刀流パートのおばちゃん。「2019北海道日本ハムファイターズ143試合全部書く!」イベント開催中!その他マンガ、映画などについて書きます。

2019ファイターズの143試合全部書く!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。