いぢわるな魔女rika

南青山奥地ShuHALLI店主

「青山」という土地ブランド

8年前、私は40年住んでいた東京都下にある東久留米から、港区南青山に移ってきた。サロンを開業するために。
なぜ青山という場所だったのか?青山という、みんなが思うブランド力のある土地だから。でも、一朝一夕にはこの街に潜り込めない。それも事実。実際、不動産を中心にあらゆるものの価格が高い。とても、ぽっと東久留米から出て来て開業しようなんて思える土地じゃありませんでした。

それでも、青山で開業した。そ

もっとみる

いぢわるな魔女の漢方治療日記30

「春まで様子みるけど、変わりなければ完治かな」
その後も変わらず毎月一回診察に通った。

身体にちょっとでも痛みがでると「また筋痛症の痛みの気がする。やっぱり完治なんて無理なんじゃないか」と、痛みにおののきながら思った。
からだの各所に痛みを感じると先生に「これはまた線維筋痛症の痛みではないのか」と、毎回しつこいくらいに問うていた。
その度に「違うよ」という返答を期待している自分。春はとほい。

もっとみる

いぢわるな魔女の漢方治療日記29

11月の診察/初冬

先生「微妙だなー」
来た!また、いきなり。
先生「微妙だね、体調」
私 「そうなんです。胃腸炎以来、なんかお腹に力が入らない。胸のあたりもトクトクして、動悸かなと思うことも」
先生「最近、あまり外出してない?顔の腫れも気になるね」
えっとー、鏡を見ても私は全然気づかなかったけど、顔腫れてますか?どの辺りが?
先生「あー冷えが入り込んできたかなー。いやな感じだなー。処方変えよう

もっとみる

解体新書

今年の夏、隣のアパートの解体工事が始まった。
6億8千万円の販売価格の土地。
そこに建つ三階建てのアパートが解体される。壁紙が剥がされて、建具が取り除かれ、床が捲られて、壁が壊される。

解体以前に販売が始まり、赤い昇り旗が並ぶ風景がシュハリに連なった。

「いよいよ、シュハリさんも本気だして商売始めたのかと思いましたよ」と食堂シュハリの台所ランチの常連さん。いやいや、最初からとっくに本気で商

もっとみる

ヘアサロンの聖地『青山』激戦区

南青山という街に何が多いか。飲食否。コンビニ否。アパレルまあまあ。ファッションの街なのでアパレル系は当然揃っている。でも、多いかと問われればまあまあという感じ。立派な大きな店構えが多いので、数が溢れる感じではない。
なによりも数多くの店が並ぶのが、ヘアサロン。超有名店は複数店舗を持ち、スタイリストひとりの小さなサロンまで様々揃う。こんなにカットやパーマやカラーをする人がいるの?と単純な疑問が湧く程

もっとみる

いぢわるな魔女の漢方治療日記 28

十月 二回目。
前回から一週間後の診察。
胃腸炎は改善せず、三日間飲まず食わずのふらふらの状態で病院へ。

先生「あれ?調子悪そうだね」
私 「また胃腸炎みたいです」
先生「どんなふうに具合悪くなった?」
私 「三日前、夕食後、胃のあたりが膨満感で苦しくなって、お腹の上の方が痛くて息苦しくて。翌日微熱が出て、水便の下痢が始まりました。水を一口飲んだだけですぐにトイレに直行みたいになってます。それ以

もっとみる