見出し画像

クサイいいニオイ

洗濯物は、基本的に部屋干しする。一年間で外に干す時期は、7月半ばから9月末あたりまでの3ヶ月程度で、あとは家の中にぶら下がった洗濯物と一緒に暮らしている。オットがかなりの花粉症持ちであること、福岡は黄砂がひどいこと、夏場は光化学オキシダントの影響もあること、冬場は日照時間が短くて十分に乾かないこと、などがその理由である。

さて、部屋干しの難点は「ニオイ」だ。「生乾き臭」については、こまめな換気とエアコンや扇風機によっての速乾でクリアできる。部屋干しでもにおわない洗剤も販売されているから、どうしてもの時はそれを使うことにしている。ここでの問題は「いいニオイ」である。

ムスメが学校から三週間に一度、給食配膳用のエプロンを持ち帰る。エプロンはワンサイズで、かなり大きい。中学生ともなると、大きな子は身長が170cmを超えるので、それをカバーするためだ。ムスメが着るとひざ下くらいまであるようなビッグサイズ。そのエプロンがすごいニオイを発する。各種柔軟剤のミックス。ニオイのつきやすい素材なのかもしれないが、とにかく強烈なニオイが染み込んでいる。何年もかけて、週に一度ずつ、いろんな種類の柔軟剤や洗剤のニオイを含みながら、熟成されているのだ。同時に入れた他の洗濯物にもニオイが移るほどの威力だ。そのエプロンにアイロンをかける時など、鼻が曲がりそうになる。

クラス懇談会の時に、隣に座った人から柔軟剤であろうニオイがした。鼻腔の奥にツンとしみる。目がしぱしぱする。「柔軟剤、使ってます?」と聞いたら「あら、わかります?わたし、◯ウ◯ーの香りが大好きで!」とにこやかに答えてくれた。そうですかー。海外の柔軟剤は独特の香りですもんね、と返したら、「そうでしょ!」と満面の笑みだった。お好みの香りを否定するわけにもいかない。しかし、これが給食エプロンのあのニオイの一部なのだと確信した。

どうして洗っても洗ってもニオイは落ちないのか。「香りが長続きする効果」は、「広告宣伝に偽りなし」だ。他のものと分けて洗っても、エプロンそのもののニオイが消えていないのだから、部屋にはそのニオイが残る。これは結構つらい。

消えないニオイのことで思い出したことがある。
学生の時「古着屋さんでいいもの見つけた」と嬉しそうにそのジャケットを着てきた友だちがいた。確かにイギリス製のいいもので、スタイリッシュに決まっていた。しかし、どうも変なニオイがする。どうも脇あたりからだ。彼は『全国染み抜きコンテスト1位受賞』の店に持ち込んで相談したら、「わたしもいろいろと研究をしているのですが、ワキガはまだ成功していません」と言われたそうだ。そして、そこには香水のようなものがたっぷりと含ませてあったらしく、ジャケットの持ち主は「ニオイを持ってニオイを制す作戦」だったと思われる。人工的な香りと体臭があいまって、かなり複雑な構造になっていたのだろう。

ニオイのよしあしは、個人差が大きい。わたしがいいと思う「ティーツリー」や「ミント」の香りも、ムスメやオットは「クサイ」「変なニオイ」と言う。だから、そっとしておくほかないのかもしれない。

さて、そろそろ給食エプロンが乾く。これからアイロンをかけることを考えると憂鬱である。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

わたしの知識や経験を膨らませるインプット代として使わせていただきます。いっぱい書きます。

大吉。
1

りかよん

福岡県在住。ちょっと変わった文章教室を友だちと共同主宰。週一ペースで小学生に鍛えられています。

毎日が病みあがり

日々のあれこれを書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。