見出し画像

行動してから考える

先日「死ぬ瞬間の5つの後悔」というタイトルの本に出会った。その5つの後悔とは:

・自分に正直な人生を生きればよかった
・働きすぎなければよかった
・自分の気持ちを伝えればよかった
・幸せをあきらめなければよかった
・友人と連絡を取り合えばよかった

この5つの後悔には共通点がある。
ざっくりと言いかえると

行動すればよかった。

このように言えるのではないだろうか。

もっと詳しく表現すると

自分の幸せのために行動すればよかった。

それでも私たちはなかなか行動しない。

それは何でだろう。

どうしたら行動できるようになるんだろう。

それをこの記事掘り下げてみようと思う。

■なぜ人は行動しないを選ぶのか

“ヒト含め、動物は変化を嫌うようにプログラミングされている。”

いつだか忘れてしまったけど、とあるウェブサイトで見たこんな言葉が印象に残っている。

同じ場所にいることは、なんだかんだで居心地がいいし、何が起こるかも予測できる。つまり生きるために安全だ。

でも変化が起こると何が起こるのかわからない。それはこわいし、危険だ。

「何かを失うかもしれない」
という不安が

「何かを得られるかもしれない」
という期待を上回る。

だから私たちはできる限り現状維持をしようとする。

たとえば明らかに不幸なのにお付き合いを続けている人や、会社が嫌いでたまらないのに今日も社員であり続けている人がいる。

今日もそれを続けているのは

行動をした結果、

いい人に出会えないかもしれない未来

転職活動で大変な思いをする未来

こんな未来を”想像”しているからではないか。

(行動するべきだ。でもイヤな未来が待っているかもしれないから)今はこのままでもいい。

この選択を1日、1か月、1年、10年し続けた結果

・自分に正直な人生を生きればよかった
・働きすぎなければよかった
・自分の気持ちを伝えればよかった
・幸せをあきらめなければよかった
・友人と連絡を取り合えばよかった

このような後悔が現れるのではないか。

■じゃあどうしたら勇気を出して行動できるようになるのか

私もこの問題に悩んできた1人だった。

だけど1年前くらいから少しずつ行動できるようになってきたんだ。

行動するたび目の前の景色が変わるから
人生がすごい勢いで動いている気がする。

失敗ももちろん多いけど、いい方向に動くことの方が断然多くて、そこで得た成功体験が自信になって行動する事にやりがいを感じ始めている。

そして、今のところ後悔はない。

すごくいい傾向だ。

わたしがやったことは1つだけ。

ほしい未来を見つけたら、考える前に

先に環境を作ってしまうこと

多少てあらな方法だけれど効果は抜群だ。

失敗したらどうしよう・・・って想像する前にえいって飛び込んでしまう。そのあと環境に適応していこうって考えだ。

そしたら望む未来に向かって行動せざるを得なくなる。

アメリカに留学していたとき、パブリックスピーキングというクラスを受講した。人前でスピーチするクラスだ。

日本語ですらスピーチなんてできないのに、かっこいいからという理由で受講してしまった。

でも最後のクラスには全員の前で手を挙げて話せるようになっていたよ。

話さざるを得ない環境を作ってしまったから
必死に練習して話せるようになったんだ。

さっきの会社員の例だと、先に会社を辞める環境を作ってしまう。

めちゃくちゃこわいことだけど

「辞めます。」って言ってしまう。

その瞬間いやでも次の進路を見つけようと
頭がフル回転する。

私がそうだった。

----

行動しない限り分からないことだらけだ。

きっと私たちは自分の想像に絶大な信頼をおきすぎなんだと思う。

だけど行動する前のこうなるかも...っていう
予測はたいしてあてにならない。

私たちに未来予知能力はないから、結果は
行動して確かめるしかない。

大丈夫。

仮に行動してから失敗したとしても
タチの悪い後悔はしない。

タチの悪い後悔というのは、挑戦せずに後になって

あのとき◯◯していたらどうなっていたかな...

って考え続けることだ。
この思いは一生報われないからタチが悪い。

でも失敗しての後悔ならいつかふっきれる。

だめだったか...。じゃあ次はこうしていこうっていうアイデアが生まれる。次のステージにすすむし、人生の回転率が良くなる。

だからもし心の奥底にこうしたいという想いがあるなら、

あれこれ考えずに、まず行動せざるを得ない環境を作ってみる作戦をおすすめする。

行動する前に考えるを

行動してから考えるに順番を変える。

そしたらきっと

後悔のない人生に近づくはずだ。

#エッセイ #コラム #雑記 #日記 #本 #読書 #行動 #勇気 #意思決定 #生きる #死ぬ #後悔 #ライフハック #人生 #幸せ #幸せとは #人生100年時代 #ライフシフト #未来 #死ぬ瞬間の5つの後悔 #幸福論 #note #考える #日常 #気持ち #意見 #発見 #ライフスタイル #ワークスタイル #時間 #環境 #決断 #目標 #ゴール


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます! 私に書くことの喜びを感じさせてくれて 心から感謝します。大切に使わせて頂きます(^-^)

やったー!いいねしてくれてありがとうございます(*^^*)!
128

りこぴん

本が好きすぎるあまり仕事前に書店員を経験。誰かの人生を動かす文字を書きたいと思いnoteを始める。主に【遠距離恋愛日記】と【幸福論2.0】を配信中。読後の後味を大切に。田舎から都会、海外へ移動を続ける好奇心旺盛な遊牧民。オリジナリティ溢れるオモロイ人生を目指し中の24才

幸福論2.0

幸せに並ならぬこだわりをもつ私が『いかに楽しく生きるか』を追求するために本を読んだり人を観察したりして作った価値観を記事にしてまとめたマガジン。
1つ のマガジンに含まれています

コメント6件

りこぴんさんこんにちは(*^^*)✨
私も同意します!
「やってしまった後悔は日毎に薄れるが、やらなかったことの後悔は日毎にふくらむ」という話を聞いて、確かにそうだ!と思いました。
行動しすぎて波乱万丈の人生を歩んでおりますが…。それもまたよし🎵
ベッチーさん、こんにちは😊
コメントありがとうございます!

行動しすぎて波乱万丈な人生。。とっても素敵です!!そういう方のお話はきっとおもしろいんだろうなぁと思います😳✨
私も元師匠は、
『成功するかしないかの差は、出向する船に乗るか、乗らないかの差』
と言っていたのを思い出しました。
コメントありがとうございます!
師匠さんのお言葉名言ですね✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。