見出し画像

浴びる言葉って大事すぎる

大学時代、アメリカ人の
教授がこんなお話をしていた。

A、B、C 3人の
バスケットボール選手がいるとする。

彼らは出来るだけ沢山のシュートを
時間内に決めようとしている。

A選手がゴールめがけてボールを投げるとき
大勢の観客はポジティブな言葉をかけた。

「A!君ならできる!きっとできる!」

シュートが入ったら皆で喜ぶ。

「すごい、その調子!天才だよ!」

一方、B選手には何も言わなかった。

C選手にはネガティブな言葉を浴びせた。

「失敗しろ!はずせ!!」

シュートを外したときは皆で喜んだ。

教授は生徒に尋ねた。

さて、誰が時間内に1番シュートしたと思う?
誰が1番シュートできなかったと思う?


最初の答えは言うまでもなくAさん、
次の答えは言うまでもなくCさんだ。



“Remember (覚えておきなさい)”



教授はゆっくり私たちに語りかけた。



言葉が私たちに与える影響は大きい



✴︎✴︎

浴びる言葉によって、
人生は変わるなと思う。

人は言われた通りに簡単に形を
変えてしまう。

褒められるほど
人生は明るいと思ってしまうし

卑下されるほど
人生って難しいなと思ってしまう。

『お前は何もできない』と
言われ続けて生きること

『お前は何でもできる』と
言われ続けて生きること

『お前はブスだ』と
言われ続けて生きること

『お前は可愛い』と
言われ続けて生きること

自分宛に贈られた言葉って超自分事として
受けとるから、浴びる言葉次第で

ああ、私って何でもできちゃうかもしれないってみるみる力がみなぎってきたりする。

逆に負の言葉を浴び続けると

ああ、私って何もできない人間なんだとか
ブスだから可愛い服を着るなんておこがましいとか本気で思ったりする。


わたしは


自分の自信を吸い取るような言葉をかけてくる人はとにかく人生に登場させたくないし、友達としても恋人としても選びたくないし、職場にそんな人がいるなら正当な退職理由となる。

(もし自分が仕事で失敗して怒られてマイナスな言葉を貰っているならその職場の人たちは悪くないし、自分が迷惑行為しているだけだから速やかにお互いの精神衛生のために環境を変える)

もうとにかく負の言葉を浴びるという
災難を避けて生きたい。


友達とは楽しく話したいし、
嬉しい報告をし合ったり褒め合いたい。

恋人には常に可愛がられたい。

仕事ではできるだけ多くの人の役に立ちたいし
ありがとうを受け取りたい。

それ以外にも本などで
素敵な言葉に出会いたい。


どうしたらより多くの嬉しい言葉に出会えるか、希望を与えてくれる言葉に出会えるかは
超重要で、これからも『嬉しい言葉』をより摂取できるような楽しい環境にいたいなと思う。


#エッセイ #コラム #日記 #雑記 #仕事 #ビジネス #人生 #生き方 #考え方 #好きを仕事に #人生100年時代 #note #note毎日更新 #毎日更新 #社会人 #成功 #失敗 #ワークスタイル #ライフスタイル #君のことばに救われた






この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます! 私に書くことの喜びを感じさせてくれて 心から感謝します。大切に使わせて頂きます(^-^)

とっても嬉しいです!(*^^*)
590

りこぴん

本が好きすぎるあまり仕事前に書店員を経験。誰かの人生を動かす文字を書きたいと思いnoteを始める。研究分野はパートナーシップと幸せ。読後の後味を大切に。田舎から都会、海外へ移動を続ける好奇心旺盛な遊牧民。オリジナリティ溢れるオモロイ人生を目指し中の24才

幸福論2.0

幸せに並ならぬこだわりをもつ私が『いかに楽しく生きるか』を追求するために本を読んだり人を観察したりして作った価値観を記事にしてまとめたマガジン。
10つ のマガジンに含まれています

コメント5件

ポジティブな言葉は原動力になるし正のサイクル産みますよね。たしかにその通りかと思います
浴びる言葉の影響は本当に大きいと思います
職場で隣の人が負の言葉を吐き続けるので、その影響を受けないよう自分から辞めてしまいました。
良い言葉を掛け合う人達の側で働きたいな、と今は真摯に思います
りこぴんさんへ
 
シンプルなことだけど、言葉って暴力にもなれば祝福にもなりますね。同じ相手にかけることばなら、相手を想い、大切にする気持ちで掛けたいです。

小難しいテクニックよりも、ほんとうに愛が心をほどき、相手ともリラックスした関係を築けるように、ぼくも感じたりするようになれたらいいな、とおもいます。
はじめまして。僕の記事にスキを頂きありがとうございます。
暖かい言葉、優しい言葉、励ましの言葉が人を育て、やがては社会全体を育て上げてゆくのだと思います。
この記事と真逆な事を、戸塚ヨットスクールの校長がおっしゃられてましたね。子供は褒めたら育たない、体罰が鍛える。苛めが子供を強くする。そして、戸塚ヨットスクールの校長を支持した代表者が、石原慎太郎都知事でしたが…そう言う方々によって築かれた社会が、弱者切り捨ての今の社会な気がします。なんと暗い世の中になってしまったことか…
僕がnoteに書いてる小説は、言うにことかいて、戸塚ヨットスクールの校長を立派な教育者のように話していた弟に対する反発から書き始めました。
今後とも宜しくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。