見出し画像

JAL国際線機内レポート

「こちらの手違いで、エコノミークラスの人数が超過しているので、プレミアムエコノミークラスに移動していただくことは可能ですか?」

“より”快適な長距離フライトは
幸せな手違いにより始まった。

G20サミットと伊丹空港からの渡航日がまさかの丸かぶりで心配していたけど、なんとか羽田ーニューヨーク便に飛び乗ることができた。

国際線でJALを利用したのは初めてなので
とっても新鮮だった。

今は空の上でこのnoteを書いている。投稿時間はニューヨーク到着後になるけど...。

何を書こうかなぁって思っていたけど、タイムリーな話題を綴っていきたいから、今から機内レポートを書いてみようかなと思う。

私が初めてJALの飛行機に乗って浮かび上がった感想について

■シートが心地よすぎる

機内に入ると黒くて大きな椅子が広がっていた。座ってみて気付いたけど、足元のスペースがとってもゆったりしていて快適。

アメニティはイヤホン、大きくてふわふわな白い枕、毛布、スリッパ等。

足元が広いだけでなく、足掛けシートも付いていて、快適な13時間が保証された気がした。

私は3つある席の真ん中だったけど、横に仕切りが付いていたおかげで、うとうとして隣の人に寄りかからないですんだし、調節可能な小さなライトのおかげで、明かりをつけたいときに気を遣わなくてすんだ。

仕切りとライト(笑)

■機内食おいしすぎでしょう

まず、昼食のチョイスが最高だった。

彩り野菜のドライカレーか、ネギ塩鷄の三色丼。どっちも美味しそうだけどドライカレーにした。

他にもかぼちゃとレーズンのサラダとか、夏野菜の揚げ浸し等も付いていて、初めて機内食最高ー!と思った。あたたかいお味噌汁ももらえた。

JALは料理人コンペティション「RED U-35」に協賛していららしく、そのファイナリストを監修シェフとして迎えている。貰ったメニュー表にはそれぞれのシェフの名前が書かれていたよ。

食後は抹茶のハーゲンダッツと暑い緑茶を頂きました。やったあ。

あとは間食のうどんが出てきたり、モスバーガーが出てきたり(笑)

短い間でしたが、充実した食生活でした。

■充電できる!! wi-fiは課金したらあるけど...

前回のフライトは充電できる場所がなくて絶望したけど、今回はあってよかった。本当によかった。現地に着いたら調べることだらけで、充電が100%なだけで、少し心強い。

wifiは$18.80で24時間使うことが可能。13時間も寝られないし、することがないから課金したんだけれど。。。

ネットが速度制限よりさらに遅いくらいのスピードで悲しかった。。。(笑)ないに等しいという感じで、正直課金したことに後悔した。

事前にウェブで調べるべきだったな。まあこれも1つの学びだと思うし、とはいえ、100%使用できないわけでもないので、電波があるだけでありがたい。

■英語ペラペラなスタッフさんが多い!!

チェックインの時から思っていたのだけれど、語学堪能なスタッフさんが多い、すごいなぁと思っていた。忙しい環境の中で、堂々と、流暢に英語で質問返ししている姿がとてもかっこよかったよ。

私が目撃したスタッフさんはほぼネイティブレベル。機内にはバイリンガルな外国人のCAさんがいた。私は日系の航空会社であまり見かけたことないから新鮮だったな。

こんな感じだった。

余談だけども、機内で観た映画、クレイジーリッチが最高によかった。

きらびやかで大胆なアジア人とシンガポールの世界観がとっても素敵だった。結局王道のラブストーリーっていいもんだな。

それでは、現場からは以上です。

#ワーキングホリデー #ワーホリ #カナダワーキングホリデー #カナダワーホリ #カナダ #トロント #留学 #英語 #海外で働く #海外 #情報 #情報収集 #sns #エッセイ #コラム #生き方 #働き方 #ライフスタイル #ワークスタイル #メモ #ブログ #日記 #旅行 #トラベル #繋がる #コネクション #ネットワーキング #体験談 #経験談 #失敗談 #成功談 #やることリスト #todolist #ライフハック #自己啓発 #ビジネス #仕事効率化 #仕事 #やりたいことリスト #やりたいこと #野望 #夢を叶える #JAL #jal #ジャル #飛行機 #航空会社 #エアライン #CA


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます! 私に書くことの喜びを感じさせてくれて 心から感謝します。大切に使わせて頂きます(^-^)

やったー!いいねしてくれてありがとうございます(*^^*)!
17

りこぴん

本が好きすぎるあまり仕事前に書店員を経験。誰かの人生を動かす文字を書きたいと思いnoteを始める。主に【遠距離恋愛日記】と【幸福論2.0】を配信中。読後の後味を大切に。田舎から都会、海外へ移動を続ける好奇心旺盛な遊牧民。オリジナリティ溢れるオモロイ人生を目指し中の24才

りこぴんの渡航後

準備を終えてカナダに渡った後のおはなし。 渡航後の日記やレポをまとめたマガジン【不定期】
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。