報道機関が流すフェイクニュースー医療不信の来た道①

購読、サポート、メッセージなど、たくさんの応援、ありがとうございます。判決以前から変わらず応援してくださる皆さま、判決を機に新たに私の記事や裁判に関心を寄せてくださった皆さま、心からお礼を申し上げます。今日から数回にわたり、医療をめぐるニセ情報に命や健康を奪われないための論評を掲載していきます。単品の記事でも読めますが、続けて読んでいただくと1つの記事になっています。応援もかねてご購読いただけますと嬉しいです。

「がんは治療するな」「医者にもらった薬に殺される」「ワクチンは危ない」――。フェイクニュースやオルタナティブファクトが注目される昨今、医療はその問題が顕著な分野の一つだ。

トランプ氏がアメリカ大統領選挙に勝利した2016年11月、日本では医療情報ウェブサイトWELQの問題が浮上した。運営元のDeNAが専門知識のないライターに、ネット検索でヒットすることを目的として、誤った内容の記事を大量に書かせていた問題である。WELQのサイトは閉鎖となった。

個別の議論に入る前に考えたいのは、「フェイクニュース(虚偽報道)」という流行語に隠れてしまった「デマゴギー(虚偽宣伝)」の問題だ。

この続きをみるには

この続き:1,715文字
記事を購入する

報道機関が流すフェイクニュースー医療不信の来た道①

村中璃子 Riko Muranaka

780円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、記事の購読・サポートで応援してください。

スキありがとうございます。
10

村中璃子、ちょこっと読み。

わたしの書いた記事や科学・医学のニュースのまとめを適当にセレクトしてちょこっとお届けするマガジンです。わたしがnoteに書いた記事をぜんぶ読みたい方はマガジン『文系女医の書いて、思うこと。』を読んでくださいね。
2つのマガジンに含まれています