専門家が「専門家」になるときー医療不信の来た道④

福島にパンダが「いない」ことの証明と、強靭な知性」の続きです。

医学界の最後通告を崩壊させた「専門家」 

イギリスの「コクラン共同計画」は、医療に関するデータや論文を解析し、医薬品の効果や安全性など医学に関わるエビデンス(科学的証拠)を公正・中立に評価する権威ある団体である。この通称「コクラン」が2018年5月、子宮頸がんを予防するHPVワクチンの効果と安全性を高く評価するレビューを発表した。

コクランの評価は、医学界における最後通告である。コクランがイエスと言えばイエス、ノーと言えばノーだ。ところが、コクランの創設メンバーの1人で理事のPeter Gøtzsche は、この評価に反発。コクランの基準に見合った信頼性ある論文のすべてを評価の対象としておらず、子宮頸がんワクチンによる深刻な副作用を見落としている可能性があるなどとする小論を7月末から数回にわたり有名医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に発表した。

これを受けたコクランの理事会は9月14日にはGøtzsche の除名を決定。Gøtzsche は自らが代表を務めるコクラン・ノルディックのウェブサイトで、「コクランは中立な組織だと言いながら、その実は製薬会社の顔色をうかがった、コクランブランドを用いたビジネス」「除名の理由は態度が不適切とするだけで不明」などと反論するコメントを掲載した。Gøtzscheの除名を受け、約半数の理事が辞任する混乱に陥った名門コクランは、レビューの信頼性や組織としてのガバナンスに関し批判を浴びることとなった。

Gøtzsche は、マンモグラフィーによる乳がん検診や抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン取り込み阻害薬)の使用を否定し、医者や研究者と製薬会社との利益相反関係に厳しい批判の目を向けてきたことで知られている。イギリスの医学界では、やっかいなカギカッコつき「専門家」と見られているが、『マンモグラフィー:真実、議論、嘘(2012年)』『死に至る医療と組織的犯罪:巨大製薬はどうやって医療を腐敗させたのか(2013年)』などセンセーショナルなタイトルの著作をもち、一般市民の支持者は少なくない。

専門家が「専門家」になるとき

「がんは治療するな」「コレステロールは下げるな」「医者の出す薬の9割は不要」「検診を受けると早死にする」――。医学界の通説に異論を唱え、医学界では相手にされていないが、一般市民とメディアには人気の「専門家」は日本にもいる。

彼らに共通するのは4つの点だ。

この続きをみるには

この続き:1,780文字
記事を購入する

専門家が「専門家」になるときー医療不信の来た道④

村中璃子 Riko Muranaka

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、記事の購読・サポートで応援してください。

スキありがとうございます。
9

村中璃子、ちょこっと読み。

わたしの書いた記事や科学・医学のニュースのまとめを適当にセレクトしてちょこっとお届けするマガジンです。わたしがnoteに書いた記事をぜんぶ読みたい方はマガジン『文系女医の書いて、思うこと。』を読んでくださいね。
2つのマガジンに含まれています