書を捨てよ、町へ出よう

今月は、科学とジャーナリズムに関して講義をする機会が続いた。

ひとつは京都大学医学の大学院生向けに毎年行っている「科学の成果をどう伝えるか」という授業を、今年は特別授業とした「本庶佑氏のノーベル賞受賞記事を"両論併記"で書く」だ。

恐る恐る設定したテーマだったが、本庶氏本人も良い取り組みだと評価している。

もうひとつは、国立保健衛生科学院が2年目の臨床研修医向けに実施している公衆衛生研修コースでの講義で、タイトルは「子宮頸がんワクチン問題とVaccine Hesitancy」。「Vaccine Hesitancy」とは、ワクチンに反対しているというわけではないが、ワクチン接種をちゅうちょしてしまう気持ちを指す。

この続きをみるには

この続き:4,508文字
記事を購入する

書を捨てよ、町へ出よう

村中璃子 Riko Muranaka

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、記事の購読・サポートで応援してください。

スキありがとうございます。
9

文系女医の書いて、思うこと。【応援用】

noteで発表していく私の記事がぜんぶ読めるマガジンです。継続的に執筆をサポートしてくださるという方向けです。メディア記事には書かない、執筆の舞台裏エピソードを織り交ぜつつ、医学・科学の問題について書いていきます。回し読み・引用をしたい方は「文系女医の書いて、思うこと。【法...
2つのマガジンに含まれています