ノーベル賞のストックホルムより

12月7日、スウェーデンのストックホルムにあるカロリンスカ研究所のアウラメディカホールにて、本庶佑氏のノーベル賞レクチャーが行われた。

1000人を収容できる会場は満席で、会場の外に設けられたサテライトでレクチャーを聞いた人もいたようだ。

会場では、本庶氏の妻、滋子さんに初めて挨拶することができた。

「村中です。いつも本庶先生にはお世話になっています」と名乗ると、「ワクチンの本を書いてくださった方でしょ。読みましたよ」と言われた。

この続きをみるには

この続き:1,742文字/画像4枚
記事を購入する

ノーベル賞のストックホルムより

村中璃子 Riko Muranaka

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、記事の購読・サポートで応援してください。

スキありがとうございます。
22

文系女医の書いて、思うこと。【応援用】

noteで発表していく私の記事がぜんぶ読めるマガジンです。継続的に執筆をサポートしてくださるという方向けです。メディア記事には書かない、執筆の舞台裏エピソードを織り交ぜつつ、医学・科学の問題について書いていきます。回し読み・引用をしたい方は「文系女医の書いて、思うこと。【法...
2つのマガジンに含まれています