ナチュラル志向を疑い、そこを抜け出すことの難しさ

「最大の代償は友達を失ったことです。ナチュロパシーを信じ続けるかつての友人たちからの攻撃は熾烈でした」

2018年のジョン・マドックス賞受賞者は、元「ナチュロパシー医」で、のちにナチュロパシーを批判する立場に転じた米国人のブロガー、ブリット・ハーミーズ氏だ。ハーミーズ氏は、米国のワシントン州で1年に及ぶ小児科や家庭医としての研修を終え、州で初めての「ナチュロパシー医 (naturopathic medical doctor/ naturopathy physician)」に認定された。医師を名乗ってはいるが、国家資格の医師免許は持たない。

この続きをみるには

この続き:3,452文字
記事を購入する

ナチュラル志向を疑い、そこを抜け出すことの難しさ

村中璃子 Riko Muranaka

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、記事の購読・サポートで応援してください。

スキありがとうございます。
9

文系女医の書いて、思うこと。【応援用】

noteで発表していく私の記事がぜんぶ読めるマガジンです。継続的に執筆をサポートしてくださるという方向けです。メディア記事には書かない、執筆の舞台裏エピソードを織り交ぜつつ、医学・科学の問題について書いていきます。回し読み・引用をしたい方は「文系女医の書いて、思うこと。【法...
3つのマガジンに含まれています