「映像」を始める時に考えること。

どうもごぶさたです。
映像作家のリクヒノハラです。

twitterにも書いたのですが。
昨年九月に映像業界に転職いたしました!!(パチパチ)

そう、以前はアパレル業界におりまして、そこから映像業界への転職と、かなり異色な方向転換になりましたが、この後、


①そこに至るまでの経緯

②これから映像をやってみたい!って方向けのアドバイス

を書いていきます。


【転職するまでの経緯】

新卒で社会人になる

映像が好きになりMVとか映画とか自分で撮りたいと思い、大学時代にスチル(写真の意)用として買ったcanon 70Dで映像を撮り始める

映像は一人で作るのが難しいと思い、チームを結成

その後、いくつかのMVやWeb CM、作品作りを行うも、自分のディレクション力が乏しく、満足のいく作品が撮れない

もう転職してプロの現場経験すっべ!←今ここ

途中をかなりはしょりましたけど、ざっくりとはこんな感じ。


【映像は、世界を作ること。】

で!

とりあえず映像の魅力にハマって始めようと思ってる人!
先に言っておくと、

映像はめちゃくちゃお金かかるし、
上を目指せば目指すほど自分ができることは限られてくる。


一眼レフを使ってとりあえず綺麗な動画が撮りたい!って人たちにはあんまり関係のない話。
ただ僕もそこから入ったわけだけど、結局どんどんやりたいことの規模がでかくなってくると、

自分ができることって実はすごく限られてくるってことに気付くわけです。

例えば一本のMVを撮る時に、

どういう演出にしようかな?
そもそもクライアントにプレゼン資料作らなきゃな・・・どうやって作ろう?
モデルが必要だな、どこから手配しよう?
衣装やメイクはどうしよう?
ロケ地、どこにしようかな?いくらかかるかな?
外ロケなら警察に届け出もしなきゃ・・・
内ロケなら許可どりしなくちゃ・・・
ロケハンも行かなくちゃ・・・
絵コンテ描かなくちゃ・・・
機材何借りよう?初めて借りるものもあってわからないな・・・
照明機材とかよくわからないけどどうしよう・・・
撮影本番の香盤表も作らなきゃ・・・どういう順番で撮るのがベストだろう?
いざ本番!段取りはどうしよう?
簡単なカット編集はできるけど、AEやDavinciは使いこなせない・・・

などなど。

ざっとあげるだけでも、一本映像を作るまでにとてつもない工程があることがわかると思います。

映画のエンドロールとか見て、「こんなに人関わってるの?」
って思ったことないですか?

なんでこんなに考えること・人が多いかというと、それは

映像は、映るものの世界を一から構築しなくちゃならないからです。


この、「世界を作る」というのが、映像の魅力の大部分だと僕は思っているからやり続けているわけですが。笑


いやいや、もっと省けるところ省こうよ。という意見もあると思うし、
実際、自分一人でやらなきゃいけない領域というのはだいぶ増えてきました。

それでも、一人で作るっていうのには限界があるし、
まずは映像が作られる工程を知るってことがとても大事です。

そして、自分がどこに強く責任を持ちたいか、やりたいと思えるかを吟味する必要があります。


【構成と座組みを知る。】

映像制作で、一本ちゃんと作品を作るまでに多くの人間が関わり、
そしてそれまでに多くの工程があることはわかっていただけたと思います。

下記図は、映像制作の一般的な構成と流れになります。
業界やケースによっては省かれるところ、順番が逆なところもありますが、
おおよそこれでいいと思ってもらって大丈夫です。


なんどもいうように、趣味で映像撮っていたり、
ビジネスに結びつけずに楽しむ分には、ここまで考える必要はないですが、


少しでも自分の作品をより良いものにしたい、もっと大きなことがしたい!って方に役に立てれば幸いです。

今後、この一つ一つの構成の詳細と、必要な座組みについて書いていきたいと思います。

更新は不定期ですので、ぜひアカウントのフォローの方もよろしくお願いします〜

□□□───────────────────────────
是非是非フォローお待ちしてます!
作品などはinstagram⇨@rikuhinohara
日常的なことはtwitter⇨@RikuHinohara
────────────────────────────□□□



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んでくださりありがとうございます。スキが励みになります。
9
普段はフリーランス映像作家 /日々感じたことをエモーショナルに書きます. /夜寝ながら聴けるカルチャーラジオ「ヒノハラジオ」始めました.

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。