ほづみ りん

幼少期から24歳まで場面緘黙症。趣味ではじめた「着ぐるみ」で人生がガラリと変わる。現在は最低限の会話はできるものの、社交不安障害の治療中。ミニマリズム実践中。

人混みで気分が悪くなったとき、なぜかミンティアが効く

「場面緘黙症」の後遺症として、現在も社交不安障害を抱えています。 人の多い場所へ行くと、頭がボーッとしたり、気分が悪くなったりするのですが…。 なぜかこの症状に...

0

“心の病気”なんて存在しない。“こころ”という臓器は無いのだから。

以前取材を受けた記事の感想の中に、「喋れないなんて、重度のあがり症でしょう?何でも病気にしないでください。」とか、「(心の病気を抱えている人間は危険だ。)川崎の...

0

話すことは自転車の練習のようなものだと思っていた

幼少期から「場面緘黙症」のため家の外で話すことができませんでした。 私自身は、喋れないのは自分の性格のせいだと思いこみ、「周囲のみんなは努力をした結果、喋れるよ...

0

“緘黙症”の実体験を伝えたいから、noteはじめました。

noteでは初めまして、ほづみりんです。 先日、withnewsさまにて取材を受けて記事になりました。 私自身の「場面緘黙症」の実体験と、「着ぐるみ」によって症状が改善して...

0