人生マルゴト最適化計画。

自分の仕事ぶりを振り返ってみると、まあ無駄が多い事に気づく。
仕事ですらそうだから、日常生活も無駄が多い。
少しずつ意識をしてはいたけど、そろそろ本格的に...。
オプティマイザーになろうと決心した。

オプティマイザー=最適化する人

無駄を無くすという意味で、ミニマリストとよく比較されている。
詳しくはメンタリストDaigoさんはじめ、色んな情報発信者がいらっしゃるので、調べてみると面白いよ。

ざっくりまとめると、

ミニマリストはとにかく物を捨てコンパクトに生きる。
オプティマイザーは効率化のために物の取捨選択をする。

という感じかな。



オプティマイザーっていうのは、とかく忙しい人には目指してほしいと思っている。
人生を最適化して、効率化させる生き方をするという事だから、「1日が24時間じゃとても足りない」と思っている人にはいいなと思うんだ。


時間管理の記事を書いたときもそうだったんだけど、今後の自分のテーマは、いかに限られた時間でMAXの仕事ができるようになるか、だと思っている。

一人の手持ち時間は、絶対に1日24時間。
これは変わらないんだ。
どんなにお金持ちでも、時間だけは今の技術では買えない。
だから、どうしたって効率化というところに行きついてしまうわけ。


最強の片付け術

オプティマイザーになるために、改めなければいけない習慣があって。
それが「片付け習慣」。

今まで片付けっていうのは、パッと見きれいであれば良いという風にやってきた。
もしくは、なんとなくおしゃれに見えればいいじゃん、というふわふわした感じでやっていた。

ところがオプティマイザー的片付け術は、見た目きれいであることは大前提。
大事なのは動線を意識した片付けをすることなんだそうだ。
これぞ最強の片付け術。



が、しかし。
私こういうの苦手なんですよ。
前途多難だ…(泣)


とがっくりきていたら、ラッキーなことに身近にかなりオプティマイザー的思考な人がいた事に気づいた。



整理整頓片付けが大好き。
効率的に動けるための配置決めが大好き。
行動にも時間の使い方にも無駄を省くのが大好き。
そんな救世主的な人がいたんだよ。
奇跡!


迷わずその方に片付けをお任せしたってオチ。

一人で頑張る努力を「無駄」にしないために

ちょっとフォローするとね、こんな風に自分が一からやろうとしたらめちゃくちゃ時間がかかってしまう事を人に頼んじゃうのも、オプティマイザー的思考。
苦手なことや詳しくないことだったら、自分がすることによって時間にも行動にもロスが生まれるでしょ。
だったら得意な人に任せてしまった方が効率的というわけよ。
その浮いた時間で自分は自分の仕事に専念できるし、お礼の対価分のお金を稼ぐこともできる。



何でもかんでも自分でやろうとするとね、実際の労力の割には無駄なことをしてしまっていることもあるんだ。
せっかく頑張ったのに、省けるはずだった多くの「無駄」があったなんて。
なんか、寂しいよね。

もちろん、まるっきり「無駄」なことはないとは思うよ。
苦手なことや詳しくないことを一生懸命解決しようとすることによって、得られることはめちゃくちゃあると思う。
けど、本当に自分の事業に専念したいときには、できればそういう時間や行動のロスとも思えるものは、カットしたいじゃん。
もうちょっと余裕のある時に向き合えばいいと思う。


自分で意地になって抱え込みすぎない。
苦手なことは得意な人へ。
そういう段階に進んで、人生丸ごと最適化。
自分一人のマンパワーでは限界を感じ始めた人には、ぜひ、オプティマイザー的思考を身につけてほしいなと思っている。

なんて偉そうに締めくくっているけど私も身につけたい一人。
一緒に頑張ってあげても良いよと思う人募集(笑)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると泣いて喜びます!! よろしくお願いいたします。 起業して3年。 山あり谷ありで谷が深く、2018年は西日本豪雨で甚大な被害を受けました。 被害の穴埋めや、復興が遅れている地域の仲間を助ける為に使います。

スキが励みになります!ありがとうございます♡
9

スギタ

日常的ログ*エッセイチックなデイリーアウトプット*

特にテーマを決めずアウトプット用に。 日常的な記録として更新。 自分の時間が少しでも誰かの役に立てば嬉しいと思いつつ。 さくらももこさんに憧れて、学生時代にエッセイを書いて賞を頂きました。 それから書く事がスキです。 楽しんでいただけるようなマガジンの発行を続けます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。