姪と私

兄と姪が遊びに来た☘️

私は姪の成長を見守るために生きていたいと思うほど姪が好き。
だけど姪が生まれる前は不安でたまらなかった。

親戚付き合いがほとんどなかったし、たまに会ってもイトコの中で私が1番年下だったから自分より年下の人間との付き合い方がわからなかった。

年下の人間すらわからないのに相手は赤ん坊。

姪が生まれてからも、自分より小さな存在と向き合ったことがなかった私には赤ん坊という生き物がとても怖く感じたし、実際抱っこなんかはしなかった。

壊れてしまいそうで怖かった。

でも少しずつ大きくなって、同い年の子より歩みは遅いけれどしっかりと成長しているのが会うたびにわかった。
そんな姪ももうすぐ4歳。

姪が教えてくれるのは小さい頃の自分であったり、小さい頃の私の両親、兄の姿を想像することで自分が愛されて育ったということ。

とても不器用な両親なので私は条件付きの愛情しか与えられなかったと思っているけれど、きっと赤ん坊の頃はこんな風に困らせたり、愛されたりしていたんだろうなと想像できた。

姪が自我をもってから義姉も口煩くなったらしい。
きっと私の両親もこんな風に少しずつ変わったんだろうと思う。

私は自分の病気柄、薬の影響も遺伝も何もかもが怖いので子どもを持つつもりはない。

だからこそ姪が可愛いし成長が楽しみ。
会った時には思い切り可愛がりたい。

姪が帰ったあとはどっと疲れ果てちゃう叔母だけど、また会えるの楽しみにしているね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいなぁ(*´∀`*)

莉乃

双極性障害*HSP*就労移行支援 通所中*年の差&遠距離恋愛の彼さん*塗り絵、スクラッチアート*幸せになる☘️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。