見出し画像

「推し文化」の正体

「推し」とは何か

いわゆるスラングのひとつですが、あまりなじみがない人に簡単に説明します。その発祥については、AKB48のファンの間で使われだしたのがはじまりではないかと言われています。

応援する=推す

自分が応援しているメンバー=推しているメンバー

これがどんどん省略されて、

推しメンバー ⇒ 推しメン ⇒ 推し

となったと考えられます。すなわち「推し」とは、「自分が応援しているアイドル」を指す名詞ということですね。

「私の推しは◯◯さんです」

という言い方の他に、

「私は◯◯推しです」

とも言ったりします。ジャニーズのファンには、

「私は◯◯担(=担当)です」

という類似表現もありますね。

「好き」とは違う

この「推し」という言葉、いまではアイドル文化の外でも幅広く使用されています。特に漫画やゲームのキャラクターについては、「好き」よりも「推し」という表現をすることが多くなっていると感じます。

「好き」と「推し」は似て非なるものです。「好意」であることに違いはないのですが、矢印の長さや方向性などが違います。

「好き」の場合
・相手との距離は、短ければ短いほど嬉しい(=できるだけ近づきたい)
・相手にも自分に好意を持って欲しい、そうでないと悲しい(=双方向を望む)
・1対1の特別な関係を望む

「推し」の場合
・相手との距離は、近ければ嬉しいが、遠くても良い
・思いは一方通行でも構わない
・1対多数でも構わない

「推し」に望むこと

推し文化が浸透しているジャンルにおいて、「好き」は相手と自分が特別な関係で結ばれる、つまり恋愛関係になることを望んでいるような状態です。「推している」ではなくあえて「好き」と主張する人は、「ガチ恋勢」などと呼ばれたりします。これは、アイドルに対して本気で恋をしている、という揶揄を含んでいます。

では、恋愛を望んでいないとしたら、ファンは「推し」に何を望んでいるのでしょう? 私の場合はこんな感じです。

・推しの夢が叶うこと
・推しの成長、健康、幸福
・あわよくば、その様子を少し離れたところから見ていたい
・あわよくば、その姿を記録して生きる糧にしたい

……お前は親戚のおばさんか?みたいな望みばかりですが、本当にそうなんです。「推し」が頑張る姿や嬉しそうな顔を、いつまでもそばで見守っていたい。それが自分の元気の源、人生の潤いなのです。

これが、誰かを「推す」ということの本質だと思っています。



私は推しのためには課金も惜しみません。現在の私の最推しは『A3!』というアプリゲームのキャラクター、摂津万里くんです。本日、万里の限定SRカード(jpegデータ!)のために、70連ガチャを回してからこの記事を書きました。同志求ム。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると嬉しいです。いつもよりちょっと良いコーヒーを飲みながら、また次の記事を書きます。

ありがとうございます!きっといいことが起こる!
171

藍川理桜 AIKAWA Rio

書く人です。かれこれ30年くらい「賢い日本人の女」に擬態して、勉強したり仕事したりしてきたのですが、もうそろそろしんどくなってきました。noteではホモ・ルーデンスの一個体として、好きなものについて自由にエッセイやコラムを書きます。オタク。腐女子。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
2つ のマガジンに含まれています

コメント2件

藍川さん
はじめまして!いつもたのしくnote読ませてもらっています。エースリーの話題にいてもたってもいられず、コメントさせていただきます。ほんとうにもう、推しが幸せそうならこちらも幸せですよね。あらためて実感しました
そしてわたしはカフェ友。推しのつむぎ推しです!せっつくんもだいすきです!
これからのnoteもたのしみにしております!
マスモトさん、はじめまして。

コメントありがとうございます! エースリー好きさんに読んでもらえて嬉しいです! この気持ちに「推し」という名前がついてくれて本当に良かったですよね。安心して推せる……! 紬さんにはいつもお世話になっております〜!(?)今日はお誕生日おめでとうございます。
毎日更新を目標にしてるので、とても励みになります。今後ともよろしくお願いします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。