見出し画像

「弱い」バルセロナ、本当の力。(前編)

私は16年クレだが、「バルセロナは強い」という考えでいるファンは、そろそろ認識を改めた方がいい。

10年前、バルセロナは鬼のように強かった。グアルディオラという名もなき監督がスペイン初の3冠を達成し、欧州を席巻した。アンリがいて、エトーがいて、メッシがいた。中盤はイニエスタとシャビが蹂躙した。襲いかかる強豪に65%の支配率を誇りながら圧倒するサッカーに全世界が勘違いしたろう。「バルセロナには勝てない」。

だが、シャビが言うように、「クライフが来るまでは転換期はなかったし、ロナウジーニョが来るまではバルセロナは大したことなかったんだよ。暗黒期だった。」

いい時代を生きすぎた。長すぎる奇跡がチームを大きくした。バルセロナの歴史を辿らずに「強さ」だけに憧れたファンがつきすぎた。もういい加減に認めよう。

「バルセロナは弱い」

前編ではオサスナ戦に焦点を合わせる。後編は、どうしてこうなったかを改める。

①ベティス戦、オサスナ戦

19-20シーズンに入ってバルセロナは手こずっている。メッシがいないからだのスアレスとデンベレがいないからだの、果てにネイマールがいないからだのと話が出ているが、違う。そんなことは根本的な問題を見れば、本当に些細な問題でしかない。

ベティス戦でぶち込んだ5点の中でグリーズマンが2G1Aと大暴れしたこともあるが、今の彼らは状況さえ整えば得点できる力を持っている。グリーズマンだけでなく下部組織叩き上げのFWも暴れられるし、さらにはサイドバックもハーフレーンに侵入させれば得点できることを証明した。

問題は、その「状況」を作れなければ沈黙することにある。原因はプレッシャーをパスでかわすという発想がないこと。グアルディオラが最も嫌悪した「保つためのボール回し」である。

ベティスもオサスナも「持たせる」という点では共通した狙いがあった。ただ前者に限っては守備意識にムラがありすぎた。最終ライン1枚で90分耐えるだけでは守備を保たせることができず、バスは勝手に退いてくれた。

ではオサスナはどうだったか。

②6分間で1点獲る覚悟

バルセロナボールで始まったキックオフ直後から、オサスナはデフォルトの4-4-2ではなく4-3-3で相手陣地に侵入。最終列とアンカーめがけて前線3枚を突進させた。左サイドに押し込まれたバルセロナは前線にボールを逃がすため、逆サイドのピケにクリアを任すが、エセキエル・アビラが直前に猛然と走って追いつきボールを弾き飛ばした。この間わずか27秒。

なんじゃかんじゃでオサスナのコーナーキックになり、前線に放り込むも弾かれ、セカンドボールの競り合いになった。ここまではよく見る。その直後、ボールはファイナルサード付近まで上がっていたオサスナのSBエストゥピニャンの目の前に転がり、彼はそれをバルセロナ側のエンドラインへむけて思いっきり蹴り飛ばした。1分15秒後のことである。

この時点からオサスナははっきりと1つの方針を示していた。「奥に押し込んで、相手陣地深くで獲る。」

画像1

直後のゴールキックでオサスナは前のめりに守備配置。これが試合を通して継続されることになる。キックオフ直後からボールを落ち着かせることすらできていないバルセロナ、テア・シュテーゲンはロングフィードではなくピケへのパスを選択する。後方から組み立てる伝統の形だが、パスを出したその瞬間、先ほどクリアを阻止したアビラが間合いを詰め、ピケからロングフィードの選択肢を奪う。セメドはR・ガルシアにチェックを受け、縦で受けたセルジ・ロベルトが潰される。完璧なスライドと守備連携だった。

画像2

包囲網は攻撃を視野に入れている。ショートカウンターへスムーズに移行できるようボールを奪取した選手の近くに3人寄り、四角形を形成。どうとでも攻撃できる形をとる。

オサスナの狙いは先制点の6分まで一貫していた。ネガトラ時、バルセロナDFはボールウォッチャーになることを知っていたとしか思えない。それを利用して奪った位置と逆のサイドでマークが甘くなる時間ができる。先制点は完全に狙い通りだったろう。ロベルト・トーレスのダイレクトボレーがあそこまで綺麗に決まるとは思っていなかったが・・・。

この試合でオサスナは位置的優位に重きを置き続ける。今のバルセロナにはダイレクトで叩いたときそれを繋ぐアイデアがない。ライン間にボールを放り込まれてもワントラップする。そこを狙って確実に潰しに行く。

守備時は4-4-2に変更し、4人2列でがっちり守る。特に中盤4人がいそがしい。デヨングとブスケツにボールが入ったら1人が潰しに行き下げさせる。中盤は瞬間的に3人になるもののすぐにスライドして対応。奪ったらFWの準備どうこうに関係なく前線に蹴り飛ばす。「バルセロナの質的・位置的優位の中をかいくぐって組み立てるより、前に放り出してプレスかけた方が早え」という潔さこの上ない戦法。前半通してバルセロナはほとんど何もできなかった。

④グリーズマンは機能不全に

下記はグリーズマンのヒートマップである。左からビルバオ戦・ベティス戦・オサスナ戦のものだが、敗戦した試合は留まっている位置にムラがある。バルセロナデビューのビルバオ戦は探り探りのプレーだったので点在しても仕方ない。2G1Aで暴れたベティス戦はバイタル付近までほどよく顔を出しながらプレーができている。オサスナ戦はそうはいかなかった。前線で効果的な動きはほとんど見られず、中央まで下りてこなければ試合に関われなかった。バスを2台置かれてスペースがない上に中継役のデヨングとブスケツは即潰された。こうなってはどうしようもない。

画像3

⑤後半の修正、デジャヴ。

後半に入って(それも途中からだが)アルトゥールが投入されてから2点目までの間は采配が効いた。中盤で動き回るアルトゥールと、いやらしい位置をとり続けるセルジロベルトを捉えられない。

画像4

37分間でこれだけの結果を出したアルトゥールは相当だった(インフォグラフィックのユニフォームが昨シーズンのヤツだと作ってから気がついた・・・)

だがやはり既視感がすごい。ベティス戦もそうだったが、前半の状態から後半にギアが入るまで時間をかけすぎだ。戦術的理由だとすれば、先制点を開始6分で決められた時点から考えると静観しすぎだろう。言ってしまうと「遅すぎる」。

シュートの質はともかく、オサスナには倍近く撃たれっぱなしの上、バルセロナはフィニッシュまで持ち込めない。きっかけを崩しに求めるのは自然なことだったろうが、相手の3倍パスを繋いでもあの守備は崩せなかった。前半沈黙していた(というか攻略された)カルレス・ペレスも、右から勝負してシュートまでやりだしたのは後半からだった。

画像5

・・・とまあ、引き分けの試合をこきおろしたが、経緯を辿れば何の驚きもない。ツケが回ってきた。それだけの話だ。事実に直面しなければならない時期が来た。

後編で言及する。クレが今季覚悟しなければいけないことを書こう。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

超サッカーバカ。神戸大学経済学部卒国際教育・自然教育NPO所属の戦術批評家(関係無え)。初心者からガチ向けまでつらつらと書きます。ツイッターからはあらゆる内容発信してます。基本長文で中身がっつりになります。※無断転載、スクショはお控えください。

しぇいしぇい!
2

RioSam / サッカーライター

だんご三兄弟の一番上。次男は白川郷で料理人。三男は愛媛で全寮制。なかよし。|▶️二度見するネタからマニアな話まで(戦術解析、プレー解説、注目選手紹介、インフォグラフィック作成)|▶️兼業からプロへ|▶️フットボリスタラボ15期生|riosamno10@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。