自死と自傷は罪ですか

「リストカットしちゃった」と親友に告白された14歳の私は何と答えるのが正解だったのか、今でも時々考え込む。

22年生きてきて、今まで出会った人の中で、自殺したい、と話してくれた友人がふたり、自傷癖のあった友人が3人ほど。その人たちの影響で、自殺や自傷をしてはいけない理由を何度か考えたけれど、答えは出ていない。

「命は尊いから」、「親からもらった大切な身体なのに」、そういう理由で自殺や自傷を罪とする考えは腑に落ちない。
「地獄のような人生の中で苦しみ続けるより、まだ見ぬ『無』へとドロップ・アウトしたい、その方が楽だ」と考えてしまう気持ちは想像できるし、そんな考えにとりつかれるほど辛い日々を過ごしている人達に、命や身体の大切さを説教しても、届くかなあと思う。

本当に死にたい人は死ねばいいと思うし、自分の身体を傷つけたい人は傷つければいいと思う。それがその人にとっての苦しみからの解放の形ならば。
感情論抜きにして考えるとそういう結論に達してしまう。だけどそう言い切ってしまうのはあまりに冷酷だ、とも思う。

実際に目の前に死にたがっている人がいたら私は確実に止めるだろう。
なぜ?その人に死なれたら私が傷つくから。

自殺や自傷が罪であるとすれば、生きようとしている人たちを傷つけるからなのではないかと思う。身近な人に自ら命を絶たれたら、周囲の心優しい人間は自分を責め続けてしまうだろう。そのことに無自覚な人もいれば、分かっていて傷を見せびらかす人もいる。

たとえば、いじめられっこが世間の注目と同情を集めようとして自殺を考えてしまう例がある。それは、いじめっこへの復讐の一つの形でもある。
だけど実際には、いじめっこの罪というものは「鈍感さ」にあるもので、自分がいじめた相手が自殺してもそれほど傷つかないかもしれない。逆に、それほど虐めに関与していなかった周囲の優しい人間の方が、助けてあげられなかったことについて深く胸を痛めたりする。結果的に傷つくのは悪の元凶ではなく優しい心の持ち主なのだ。

でも、多くの場合、自殺や自傷のことばかり考えている人は自分の苦しみに捕らわれてしまっていて、意外な誰かを傷つけていることに気づいていないのかもしれない。もしくは、世界を忌み嫌っているゆえに開き直っているのかもしれない。だとしたら、私は傷つかないように、彼女らの見えない心の刃と闘うしかない。

……と、結局、こんなふうに感情論に終始してしまう。
私にとって、これからもずっと考え続けていくべきテーマの一つだと思う。



蛇足ですが、私は心根がうまい具合に鈍感で明るく負けず嫌いであり、死への恐怖感が人一倍強い為に、本気で死にたいと思ったことは多分無いと思う。
そんなことを考えていた時に読んだ、後藤明生の『円と楕円の世界』の中で自死について触れられていた部分が面白かったので引用します。

「わたしは自殺しようと考えたことのない人間だ。(略)ごく平凡ないい方をすれば、おそらくわたしが『小説とは生き恥をさらすことと見つけたり』と考えてきたためと考えられる。」

「『生き恥さらした男』の目をもって、なおもわたしが生きながらえているこの世界を見続けるためには、現実において生きながら葬られたものとならねばならぬ」後藤明生『円と楕円の世界』

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

42

riponemu

独白集

エッセイ集

コメント5件

コメントありがとうございます。英語に堪能ではないので、日本語でお返事することをお許しください。確かに、道徳観は個々人によって異なりますよね。だから絶対的に罪であるとかそうでないとか、考えること自体がナンセンスかも知れません。ですが仰る通り、命は神から与えられただとか、自殺は罪であるとかいう通念が社会には存在していますよね。そういう通念がどこからやってくるのか、興味があります。宗教ですかね……。
初めまして。私は学生時代この社会のあり方について、というか死に対する人の考え方について特に悩んでいて、今更ながらこの文章に出会い、とても共感して読み進めてしまいました…
自殺志願者に対して死んではいけない理由を軽々しく命は大切だからというべきではないですよね。彼らはそんなことは差し置いて死にたいというよりかはこの場から消え去りたいって思っているはずですから…ギリギリの所に立っている彼らを差し止められるのは、きっと死に至る生、なんだと思います。死ぬまでが苦しいから自殺を実行しない人だってきっといるはずです。でもそれってなにか不思議ですよね…もし、技術が進歩して、痛みのない社会が生まれたとしたら、多くの自殺者が出るのではないか。そう考えると自殺を差し止めている「痛み」というものの脅威が恐ろしくてたまりません…
長文失礼しました…
初めまして。拙い文章を読んでくださってどうもありがとうございます。コメントいただけたことをきっかけに、私も三年前に書いた文章を読み直し、いろいろと思うところがありました。死に至るまでの生がある種の人々をこの世に繋ぎ止めているというお考え、なるほどなあと思いました。不思議ですね。心の痛みに慣れ切ると、身体の痛みなど怖れなくなり、思いとどまる理由がなくなるのかもしれないなあなどと余計な想像を膨らませてしまいました。痛みの中で当たり前のように生きている人々が、自殺を実行できてしまう人々なのかもしれないと。そう思うとなんだか悲しいです。
初めまして。私はどちらかというと、苦しみに耐えかねて消え入りたいと思っていた側の人間です(痛みを恐れ、自傷や自殺企図までには至りませんでしたが)。
あなたの「その人が傷つけば身近な人が悲しむ」という感覚の健全さ、とても眩しくドキリとしました。
やはり、自傷・自殺まで至る方は、不運にもそのような健全な感覚を知る機会がなかったか、それを忘れさせるほど耐えがたい何かを抱えている方が多いのではと感じます。あなたが出会ってきたご友人は、あなたに見え隠れする健全さを切望しながらも、どうしたらよいのかわからなかったのかもしれません。
こうした健全な感覚は、罪を説くような理屈で通りすがりの他者が「与える」ことは難しく、めぐりあわせが訪れたとき当事者が自ずから他者との関わりを通じて自分の中にふいに見出すような、気長な類のものだと思います。積極的に支えたい側からみるともどかしいですよね…
あなたもどうすべきだったかと悩み傷つかれたと思いますが、どうか気に病まず、ご自身の幸せに集中してください。それがお互いの幸せのために一番いいはずです。
差し出がましい長文失礼しました…あんまり眩しかったので…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。