2019年のイヤーナンバーが1番のあなたに

1番のあなたは、大きな転換期に入っています。

数秘術では、「2019年全体の流れ(世間の流れ)」と、個人の流れの二種類を見ることができます。

2019年全体の流れについては過去に書きましたのでそちらをご参照いただくとして、こちらでは個人の視点で見た「2019年のポイント」をご紹介!

「今年はこうなるよ!」と断言するものではなくて「こういう視点で過ごすと、発見が多かったり流れに乗れたりするよ」というメッセージです。

まずは、あなたの今年の番号「イヤーナンバー」を計算してみましょう。

個人年<イヤーナンバー>の計算方法

ご自身(もしくは調べたい人)の誕生日を元に計算します。

1)2019年・(誕生)月・(誕生)日を書き出して、ひとつずつ足していきましょう。
※必ず西暦で計算します。

2)最終的に一けたにします。

例)10月10日生まれの場合
2+0+1+9+1+0+1+0=14
1+4=5

この場合、個人のイヤーナンバーは「5」になります。

では、ここからはイヤーナンバー1番の方に向けてのメッセージ。

イヤーナンバーが1番になったあなたは
数秘で言うところの、大きな転換期に入っています。

2018年から2019年

の全体も大きく切り替わるので、「刷新」というエネルギーに入るでしょう。
これまでの価値感とこれからの価値感が、じぶんのなかで変わるかもしれません。
過去に頑張ったことを大切にしながらも、やり方やキャリアの有無については今後あまりこだわらずにチャレンジしていくと良さそうです。

というのも、去年から今年にかけては流れが早いので、古いものにこだわっているとその流れにうまく合わずに力が入ってしまうかもしれないから。
(早い川の流れの中で「流されまい!」と足を踏ん張ると、かなり力を使いますよね)
周りに流されろということではなくて、チャンスが来たら乗ってみる、乗りながら対処していくという柔軟性が必要になります。

「えっ、でも、流れに乗ると言ってもその『何か』がない」
という方もいらっしゃると思います。
その心当たりがある方こそ、2019年はとても重要な年になります。

2019年は「土台」や「核になるもの」をしっかりさせる年

これってすごく簡単なようでいて難しいです。
というのも、その方の現在の状態がどうなのかで、取り組むポイントが変わってくるから。

・やりたいこともないし、特にそれを見つけようとも思わない。
……という方はそもそもこの記事をご覧になっていないと思うのですが、そういう方は2019年は運動することをおススメします。筋トレなど、成果がわかりやすいものが良いです。

・やりたいことが、いまいちピンとこない
「自分がやりたいこと」と「やらなければならないこと」が混在している可能性が大きいです。
昔から自分が好きだったことや気になることをすべて書き出すか、逆に絶対にやりたくないと思うことや嫌なことを書き出してみましょう。
好きなこと、気になることを書きだす際に大事なのは「お金がない」とか「時間がない」という「ない」という条件をいったん外して考えることです。
好きなものがわからないときは、積極的にお金をかけたものや行動したことを書き出しましょう。

書き出したら、その項目に共通項がないか考えてみましょう。
好きなものが例えばエンタメばかりとか、食のことが多いとか、傾向があるはずです。
傾向がわかったら、ご自身のバースナンバーのキーワードと(分かる方は、ライフナンバーの数字も)照らし合わせます。
この作業を繰り返すうちになんとなく、「こういうことかな?」という方向性が見えてくるはずです。

・なんとなく自分のことはわかってきたけれど、もっと知りたいしどんどん行動に移していきたい
そんな方は、行動しどき。
完璧さはわきにおいて、行動と質の高さを極めましょう。
完璧さと質の高さはちょっと似ていますが、1番は「クオリティの高いものを提供するための大胆な挑戦(もしくはスタート)」と捉えてください。
取り組むことの質を落とすことは考えず、でも最初から完璧を求めすぎない。

そういう感覚で捉えてくださいね。

では、行動やお金、人間関係、知性の向上についてのポイントはというと…

この続きをみるには

この続き:3,510文字

2019年のイヤーナンバーが1番のあなたに

小池安雲|agumo

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは資料の購入費に充てさせていただきます!

スキと言っていただけて良かったです。ありがとうございます。
1

小池安雲|agumo

著書「おしごと数秘術」発売中。数字と色とキャンドルで、思考や心を照らす仕事をしています。リリ<理人>数秘術考案・講師、キャンドル作家。ゆるく楽しく志は高く、で生きています。 ●Twitter→https://twitter.com/agumo5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。