見出し画像

個人アプリ開発者が少額からできる品質向上と宣伝

個人アプリ開発って元手がほとんどかからないのが良いことだけど、品質向上や宣伝にお金を使ったほうが良いのは確か。でも個人アプリ開発者でポンっと何十万も何百万も出せる人は少ないでしょうし、出せてもせいぜい数万ですよね。

またお金出すにしてもどこにどれくらい出せばいいのかよくわからないという人も多いと思います。

お金かけて宣伝とかにも興味はあるんですけど、何に対してどれくらいかけていいのか分からないんですよ。

宣伝先の媒体とか、最近はいくらでもあるじゃないですか。

またアプリそのものもそうですね。イラストレーターさんに絵をお願いするとかしてみたいんですが、それもピンポイントなのか、全部なのかって加減が分からない。

そこで弱小個人アプリ開発者の私が、アプリの品質向上や宣伝のために月数万程度の出費でできることをまとめておきます。誰かのお役に立てれば。

アイコン制作

アプリを作るたびにデザイナーさんにアイコンのデザインをしていただいてます。でも頼む人がいないという人もいますよね。また知り合いにデザイナーさん紹介してもらったけど、デザインが自分の好みじゃなかったという人もいるかもしれません。

そんな人にはクラウドワークスのコンペ機能がおすすめです。アプリの概要やデザインの要望をまとめて、複数のデザイナーさんからアイデアを募集できます。

2019年8月現在、スタンダードプランが3万円です。数年前利用した時も確か同額で、30件くらい集まったと思います。それ以降、何回か利用しましたが、採用したいアイコンがないということは一度もありませんでした。スタンダードより下のベーシック、エコノミーは安くなりますが、その分応募数が少なくなるので、1つも採用したいものがないということが起きやすくなります。

私は今、直接デザイナーさんに制作依頼していますが、元々はクラウドワークスのコンペで出会った人です。何回かコンペして気に入った人が見つかったら、その方にクラウドワークスでメッセージして直接お願いしたほうがコンペより手間がかからず良いです。

クラウドワークスで知り合った人をクラウドワークスを介さずに直接やりとりするのは規約違反です。その件について法的拘束力があるのかどうかはわからないですが、クラウドワークスのシステムを介した方が安全というのはあります。手数料は保険みたいなものですね。

ちなみに画面UIはデザイナーさんに頼んでいません。今まで画面がダサい、かっこよくしてほしいという類のレビューがついたこともないですし、標準UIを踏襲しつつ使いやすさを追求するだけでいいと思うので、ここにはお金かけないことにしました。

SearchAds

AppStoreでアプリ検索すると一番上に広告とラベルのついたアプリが出てくることがありますよね。AppleのSearchAdsにお金払えば、関連キーワードで検索した時、このように一番上に表示される機会を得られます。

SearchAdsは月数千円からでも始められるので、まず少額でやってみて1ダウンロードあたりの単価が割に合うと思えば、さらにお金を投入してダウンロードを伸ばすといいでしょう。

AdWords

他にも検索経由のアプリの宣伝ならGoogleのAdWordsを使うと良いと思います。一般にウェブページ検索の宣伝用と認識されていると思いますが、アプリの広告も出せます。

AdWordsも月数千円から始められます。自分が試した限りではAndroidアプリはクリック率が良く、それなりにダウンロードを伸ばす効果がありました。最近はやってないですけど・・・主力のiPhoneアプリであまり効果が出なかったのと管理画面がややこしくて面倒になったので・・・

SNS広告(Twitter、Instagram)

TwitterやInstagramのタイムラインにアプリのインストールを促す広告ツイートが流れてきますが、あの広告ツイートも個人で配信できます。こちらも月数千円から始められます。ただしTwitter広告にはTwitterアカウント、Instagram広告にはFacebookアカウントが必要です。

大抵はテキストに画像か動画を添付して配信しますが、画像や動画を自分で作るのが難しいならデザイナーさんに依頼するといいと思います。これもクラウドワークスのコンペも使えるでしょう。

Gengo

アプリのローカライズはGengoという人力翻訳のサービスを使っています。私の場合、翻訳対象の言語は英語、中国簡体字、繁体字、韓国語の4つ。それほどテキスト量が多くないツールアプリなので、大体1万円くらいで収まります。前回作ったアプリとテキストが同じところは、それをそのまま使えるので、基本的にはアプリを作るほどにコストが下がります。

しかしGengoは本当にその日のうち、というか数時間、場合によっては数分で翻訳が仕上がってくるのがとてもありがたいです。

と、私がお金払っているのはこんな感じです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

ロバおじさん@脱賃金労働プログラマ

三重県在住、お家で働くおじさんプログラマです。プログラミング歴20年以上。主にiOSやandroidのアプリ開発をしています。三重県全域、食べ歩き飲み歩きもしています。 https://twitter.com/roba4coding https://uma.mie.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。