ロッキーいしみねの話

恋愛の話が多い僕のただのプロフィール。


何者?

お笑い芸人 / 司会 / イベント制作 / ラッパー / DJ / ビギナーズ恋愛アドバイザー / 泡盛アドバイザー など

肩書きが多いですね。大きい分かりやすい肩書きは芸人なんですけど、僕は自分のことを

エンタメ屋だと自負している。

・芸人やラッパーとしてステージショーケースもやるし
・MCとして司会進行もやるし
・イベント制作として裏方からディレクション、構成もやるし
・ビギナーズ恋愛アドバイザーとして講習会や講演会もやるし
・泡盛アドバイザーとして各地で泡盛の魅力の拡散や消費に貢献にするし

エンタメの全てが愛しいのです

僕の基礎は「プロレス」と「とんねるず」でできていて、本当にプロとして世の中をエンタメで溢れさせたい。


どんな人間なんだ

僕は女性が大好きだ。
モテるために努力をしてきた。
もういい年齢なので、これからは僕のスキルを「恋愛が不器用な男性」にレクチャーしていく活動をしている。

かなり初歩的なスキルなのだができない男性は多いし、これを勉強できれば女性だけじゃなく「誰とでもポジティブな関係歳を築ける」ようになる会話術の基礎だ。


このnoteの特徴

恋愛の話が多いしのは僕がそういう人生を送ってきたから。

それ以外にも僕の培ったエンタメ論恋愛アドバイスを書いています。

これまでの人生、これからの人生をみんなに見てもらおうと思います。

もちろん隠し事もありますが、ほぼさらけ出す半裸生活です。

恋愛話の内容は9割以上実話です。
いつか相手に怒られると思います。



以下は人生の流れ


1985年
沖縄県の伊良部島に生まれ、一般家庭で普通に育つ。

18歳まではそこで育ち
プロレス、hiphop、格闘技が好きなこと以外はただルックスが少しいいだけの田舎者。

19歳
進学できなかったので、ここからの4年間で、地元の友達が「大学ではできない経験」を得ようと意気込む。すごく大事な決意だった。

名古屋にてショップスタッフや訪問販売の仕事につき、ここで接客や対話の基礎を身につける。
モテる

20歳
友達から「横浜に可愛い子が多い」と聞かされ横浜へ移住。
新横浜で仕事しつつ色んな恋愛を経験させてもらう。

21歳
「京都の子可愛いよ」と聞いたので移住。
「田舎おもしろいかも」という理由で福知山という僻地に住むも、千原兄弟さん、小橋建太選手の地元と知りテンション上がる。

22歳
田舎は飽きたので京都市内に住む。
路上生活。イケメンのホームレス。

食うに困って路上で「何か売っているふり」をして、覗きにきたお客さんに「おもしろい話するんでお金ください」という謎の商売を始める。
平成で食うに困って芸人始めたのは僕くらいだと思う。

23歳
沖縄の那覇で泡盛専門店の店長やる

24歳
泡盛勉強会始める

25歳
泡盛専門bar立ち上げる

26歳
農林水産省の末端職員


あとは東京でソニーミュージック所属でお笑いやったり、テレビでたり、イベントやったり、海の家とかフェス作ったり、色々っす。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!僕も好きです!
3

ロッキーいしみね

芸人ですが、ノンフィクションにお化粧した恋愛のお話・モテる話・エンタメのことを書いてます。 芸人やMC・イベント制作をメインに活動してるエンタメ屋です。比較的モテます。

ロキ論

僕の思想です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。