見出し画像

ホントに?社員に矢印を向けただけでこれだけの効果が!

前回は、

経営者は誰しも、社員のことを思っている。

思ってはいるものの、

それが空回りして、

結果的に、ブラック企業という評価を

受ける場合もある。

しかし、それは経営者にとっては意に反していることである。

そんなことをお話ししました。


こんにちは!

『ロマンとそろばん』完全調和企業を

一社でも創出することを、

ミッション・ビジョンにしている村上です。


今回は、

「社員を大切にするだけで、大きな効果がある」

ということをお伝えしていきます。


経営者であるあなたを含めて、

世の中の経営者で、

社員を将棋の駒のようにしか見ていない経営者は

基本的にいません。


いくら口では厳しいことばかり言っていても、

ダメ出しばかりしていても、

経営者というものは、

自分の会社の社員を大切にしたいと

強く思っているものです。

あなたもそうではないでしょうか?


「社員を大切に思う」を

別の言葉で表現すると、

→ 一日でも早くて一人前にしたい

→ 今のままではまだまだ半人前。

  だから、なんとかしてあげたい。

→ 親父のような気持ちで厳しく接する。

でしょうか。

素晴らしい愛情表現ですよね。


昭和の時代の、

頑固親父を大黒柱にした

古き良き日本の家庭そのもの。

親父は絶対的存在で、

子どもたちが言うことを聞かなかったり、

悪さをしたり、嘘をついたりしたら、

問答無用の鉄拳制裁。

でも、

親父にどれだけボコボコにされても、

その根底に流れる深い愛情を

子どもたちはちゃんと感じているので、

親父が大好きで、

雷を落とされようと、

殴られようと、

付きまとって離れようとしない。

親父もそういう子どもたちが可愛くて

その眼差しには優しさが満ちている。


創業社長のあなたであれば、

その辺の気持ちは痛いほど分かるのではないでしょうか。


さて、本題に入っていきましょう。


社員一人一人に矢印を当てたら、どうなるのか?


こうなります!


①社内のチームワークが

 劇的に向上する。

②社員同士、多種多様化した価値観を

 互いに尊重するようになる。

③社員のやる気が向上し、

 自発的に働くようになる。

④マネジメント能力および

 リーダーシップ能力が開発される。

⑤社員の生活習慣が改善される。

⑥社員の離職率が劇的に低下する。

⑦社員一人一人の生産性が上がり、

 業績も向上する。

ざっと挙げても、これだけあります。

なぜ、これだけ良い効果が生まれるのか?


それは、

社員一人一人の承認欲求が満たされるからです。

社員一人一人の自己重要感が満たされるからです。

社員一人一人にとって、

会社が安心安全の場になるからです。


Googleがこんなことを公表しています。

”社員一人一人が会社で

本来の自分を曝け出すことができること、

そして、

それを受け入れるための「心理的安全性」、

つまり他者への心遣いや共感、

理解力を醸成することが、

間接的にではあるが、

チームの生産性を高めることにつながる。”


つまり、


”チームの生産性を向上させる唯一の方法は、

社員に「心理的安全性」を与えることである”


と言っているのです。

こうするための手法は無限にあります。

その時々の会社が置かれている状況で、

合いそうな手法を自由に選べばいいだけです。


大きな流れを絵に描くとこんな感じになります。

”会社の業績向上”にフォーカスする前に、

”社員の夢を叶える”ことに

フォーカスを当てるのです。


こうして、社員に矢印を向けると、

”社員は自発的に動き出す”

その結果として、

”会社の業績は向上する”


つまり、

”社員に矢印を向ける”

という、

”継続できること”

をいかに継続していけるか、

これに尽きるのです。


まさに、”急がば回れ”です。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

村上 徹

株式会社村上経営コンサルティング代表取締役/公認会計士/『ロマンとそろばん』完全調和企業を世の中に1社でも多く創出!/自分の力だけでは圧倒的に足りない。だから共感の持てる人・組織と仲間になって取り組んでいきたい!

参考書

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。