見出し画像

<無料公開>大学の存在意義について考える。

大学の存在意義に疑問符がついてしまうのは、組織が新陳代謝しない日本の昔からの大企業の衰退と類似しており、大学の教授など含めた人材が一度役職に就任すると降格することはあまりなく、入れ替えがあるものでもない。
そうなると、今の時代に即した研究や教育がおこなうことができないという負の連鎖に陥る。若い世代は役職という枠を求めるが、枠がない。更に少子化により今後経営不振の大学が淘汰されていけばいくほど枠が減る。まさに日本社会の縮図ともいうべきか。
今後大学の統廃合含めブルーオーシャンとなっている部分と若い世代にポストが開かれるような仕組み作りが必要ではないのか。人材の新陳代謝、競争原理、日々の研鑽こそが成長と発展の基本である。
現在大学教授側からは研究に集中ができない、研究費が足りないなど、今の自身の研究の成果の無さを環境に原因を置いている時点で未来はないのではないか。成果を出している人こそ、自身の環境を悪くも言わず、自ら行動し道を切り開き、さらには後身の育成や大学教育自体にもより良い影響と活動を行っているもの。
給与についても実績に応じて変動制にすればいいし、研究費に関しては研究が評価される事でスポンサーがつけば良いという仕組みがあればいい。大学には複数の無能な人材、研究すらまともにおこなっていない人が教授含めたポストにいるのが現実だからこそ、新陳代謝が必要ではないか。

さらにいえば大学の存在意義が高等教育だったり、研究機関というよりも就職予備校となってしまっている学歴社会となっている現状を含めて変える必要もある。本当に今、大学の存在意義自体に疑問符が出ているのではないかと思う。もちろん、大学だけの問題では教育全体を変えることはできないし、日本社会を変えることもできないことも重々わかっているからこそあえて思うことである。

本記事は無料公開とさせていただいております。よろしければサポートにて支援をいただけますと幸いです。また、また、週刊マガジンも展開しておりますのでよろしくお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただきありがとうございます。サポートのおかげで今後の活動につなげていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!サポート支援いただければ幸いです。
3

rough

教育/政治/経済/労働問題/執筆/本・読書・小説/ニュース/プロ野球などを語ります。活動費のご協力をお願いします。https://twitter.com/rough4646

無料コラムまとめ

無料公開をおこなっているコラムのまとめとなっております。コメント、いいねをいただければ嬉しいです。週刊メルマガ、有料コラムも展開しておりますのでよろしくお願い致します。

コメント3件

こんにちは。議論に近しい観点から、あえてのコメントをさせていただきますね。

>>大学の存在意義に疑問符がついてしまうのは、組織が新陳代謝しない日本の昔からの大企業の衰退と類似しており、大学の教授など含めた人材が一度役職に就任すると降格することはあまりなく、入れ替えがあるものでもない。

この始まりからすると、大学の存在意義が「社会=会社=経済活動」に関連するものであると仮定されているように見受けられます。そうすると、後述の「大学の存在意義が高等教育、就職予備校」の下りは、否定すべき理由には繋がらないと考えます。少なくとも顧客の立場にいる日本の学生は、高等教育、就職予備校として大学を認識している場合が大半だと考えます。そこは生き残るため、単純に需要に応えているだけではないかと。
そもそも大学の存在意義を問うならば、戦前レベルにまで遡って考えるべき問題で、今日だけに限られた狭いスパンでは語り尽くせないワードでしょうね。
今の時代に即した研究ができないという下りは、長期的視点でスポンサードできるだけの体力を企業が持っていないからで。短期的に利益に還元できる実用性に秀でた研究開発だけに研究費が注がれる現状は、新陳代謝や旧体制が原因だとは思えません。単に、ことの道理から考えても真っ当な在り方です。研究が評価されればスポンサーがつきやすいという仕組み?は既にありますし、ただ、企業にその余裕がないだけです。

大学の教授は皆、大変優秀です。一般人は太刀打ちできませんよ。ただ、学問の根源といいますか、その知識や技術の全てはお金にわかりやすく換算できるものではなく、一般人が無能だと判断するのは困難です。個人的には、大学が、または学生が、大学教授という貴重な人材を使うのがヘタなのだと思います。新陳代謝うんぬんよりも、そこがわかりやすく問題かなと思います。
あとは、この問題については日本国内に限定するだけでなく、欧米における大学の在り方も参照すると面白いですよ。あちらは優秀な人材のみ大学から引き抜いて、そこからこぼれた人材はインターンが必須だったりするようですから。日本はぬるいです。

以上です。発展をお祈り申し上げます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。