見出し画像

生命線の88分の3

手のひらをじっと見てみる。

長い生命線。
心なしか前より長くなったような気がする。
そういえば私、88歳まで生きると決めたんだった。

ああ、まだ半分。
会えない、話せないこれからが、こんなにある。

血の繋がった家族ができてから、誰かと離れる寂しさから己をリカバリーする方法を忘れてしまった。

だから嫌だったんだ。
必要以上に家族以外の誰かと親しくなること。
いつかこんな日がきて、寂しい気持ちを噛みしめなければならなくなるのが嫌だった。怖かった。なのに、どうして大好きになってしまったんだろう。

私にとっては最高の人。

でもきっと私は最低だった。
傲慢でわがままで、自己中。ほんと、ごめん。

楽しく時間を過ごした3年間が、さっき「もう、会わない」と言われた瞬間、全部なかったことになってしまった。
一緒に食べた料理も見たものも、話したことも、笑いあったことも、愚痴りあったことも、全部全部、砂のように無残に消えてしまった。

理由は聞かないでなんて、言わないで。
おかげで、私はきっと一生、死ぬまで拒絶された理由を考えるだろう。

あなたの過ごしたのは、長い生命線のほんのちょっとの部分。
生命線の88分の3。

でも、楽しかったんだよ。
本当に楽しかったんだよ。
ずっとずっと笑いあっていられるんだと思ってたんだよ。

もう会えないなんて寂しいよ……

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださってありがとうございます。 よろしければ、スキやフォローをお願いします。(スキは会員でなくても押せます)

スキありがとうございます! 大吉です!
43

ルミ

サラリーマンの日曜物書き。でも結構、ちょこちょこ何かしら書いてます。四国徳島のどこかに住んでます。文章のスキルアップに千本ノック中。読めばちょっと元気になるような文章を目指しています。

毎日のことをコツコツと2019

なんでもない日のことを、ぽちぽちと書いています。泣いたり笑ったり、そんな日常が楽しいなあって思います。

コメント2件

「お辛いですね、お気持ちお察しします」の好きです。
ありがとうございます!!
本当のことは書けませんが、気持ちのエッセンスを詰め込みました。
自分のせいなので仕方ないんですが、やはり今までの自分を全否定された気持ちで落ち込みますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。