名前重要 #3

日本発の世界で認められたプログラム言語「Ruby」の作者である
まつもとゆきひろさんの座右の銘は「名前重要」だそう。

学生時代、ファイナルファンタジーのはじめの
主人公の名前を考えるという行為に数時間費やしていた友達がいたけど
今ならわかる。名前重要。

美味しいご飯を食べると幸せな気分になるように、
自分にあった家に住むと快適になるように、
自分にあった服を着ると楽しくなるように、
「良い名前」は生活を豊かにする。

先輩プログラマーによるプログラミングの定義 は
「ソフトウェア王国の住民に名前をつける作業をする。自分は神様。」
らしい。いまだにしっくりくる定義。
コンピュータの製造コストが人件費よりも大幅に下がった現代においては
コンピュータが読みやすいコードより人が読みやすいコードの方が重要。
ゆえに名前重要。

昨日はプログラミングと経営は似ているという話をしたけど
プログラミングはプロジェクト名重要。
経営は会社名重要。

弊社の会社名を「マインディア」から「ラフノート」に変えたわけですが
某投資家さんに「ラフノート」という名前もいけてないって言われたw
そして「schoo」を良い事例としてあげてもらった。

schooはオンラインで授業が受けられるWebサービスなのですが
そこの経営理念が 世の中から「卒業」をなくす。
だからschoolから最後のLをとって終わりのない学校という意味で
schooになった。

短いくて語呂が良くて発音しやすい、哲学ある、
教育系サービスってイメージしやすい。
たしかにイケてる。すごいっす。

「ラフノート」に社名変更する時、
「ハイパーインターネッツ」みたいなもっと抽象度の高い会社名にして
アップルやDeNAみたいにうちはAAAという会社名でBBBとCCCという
サービスやっています。みたいにすることもめっちゃ考えた。

でも考えた末に今のこの少ない人数のメンバーで世の中にインパクトを与えるサービスを作るためには選択と集中するためにサービス名を会社名にしようという結論に至りました。
実際それでよかったと思っています。

実際にやってみてわかったのが、
やはり名前を変えるとそれに連動して環境が変わっていく。

そこらへんの話も共有したいです。

5月28日 今日はアポがなかったので8時半に起きました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

西小倉宏信

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。