リアル国境とバーチャル国境 #4

Wikipediaに「アメリカ版」とか「イギリス版」などは存在しない。

あるのは「英語版」「日本語版」とか、言語ごとにコミュニティがある。

英語版において「Wikipedia」というページができたのが2001年11月6日 で
日本語版のそれが2003年2月1日  。

当時の日本語版の編集内容を見ると面白い。

とりあえず英語版の内容を全部コピーして見出しだけ日本語化。
そこから徐々に本文を日本語化

この流れってリアル世界で海外の流行を輸入する流れに似てません?

まずパイオニアが海外に進出。

その次にラベルだけ日本語のやつに張り替えてアーリーアダプターに売る。

そしていけそうだったら日本人向けにカスタマイズして大量販売する的な。

リアル国境は言語の壁に加えてビザ問題や交通費問題をクリアしないといけないけどバーチャル国境は言語の壁さえ超えればいいだけなので越えていきたいと思いました。

5月28日 今日は6時半起き@西麻布

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

西小倉宏信

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。