キッザニアが最高でした

小学1年生になった娘氏、LINEに文字入力できるようになってました。

何週間も前からメルカリでキッザニアの攻略本を買って楽しみにする娘。

当日は朝5時起きで並ばないといけないから前日の夜に帰ろうとするも、その帰るタイミングで台風が直撃して新幹線運行が危ぶまれるという、相変わらず雨男な僕。

心配する娘。

1番行きたいのはハイチュウ作りだそうです。
「はたらくこと」が「やらないといけないこと」ではなくて「たのしみなこと」っていうのがもうなんかこの時点で嬉しい。

無事到着。
8/24(金)、お盆ではない平日とはいえ、学校は夏休みなタイミングなので朝7時半のタイミングで既に入場待ちの列。

1つ目はココカラファインさんで薬剤師体験。
ピンセットを使って薬を調合し、パッケージするとこまで体験しました。

初任給を自慢する我が子達
(キッゾという貨幣に加えて職能認定カードも貰える)

2つ目はニッセイpresentsの看護士体験。
赤ちゃんをさわる前は手を擦ってほほにあてて温めてから抱くそう。

めっちゃ丁寧に赤ちゃんを扱う姉

雑に扱う弟w

3つ目はクロネコヤマトさん。
実はキッザニアに何十個もある職業は関連しあっててALSOKの警備員体験するちびっこはJCBの電子マネーカード発行所の警備員をするなど、依存しあいながら経済が回っているのですがクロネコヤマトで働く我が子達も高島屋に配達へ行ってました。

ただ、なぜか上司の人が英語だったので辛そうでしたw

4つ目が念願のお菓子工場でハイチュウ作り!

コネコネしてパッケージングまで。
やっぱりらこれが一番楽しかったんだって。

最後はマヨネーズ作り。

生卵を割るところから作ります。

最後に自分が作ったマヨネーズと市販のマヨネーズを食べ比べるんだけど「同じ味だった」とのことでした。

あっという間に5つの職業体験を終え、稼いだお給料を持って高島屋でお買い物。

働く現場だけでなく買い物する場所も保護者立ち入り禁止になってまして、完全に自立してお金を稼ぐところから使うところまで体験できました。

余ったお金を貯金するために三井住友銀行で口座開設。
ちゃんと利子までつくそうです。

口座開設手続きも保護者同伴不可。全部自分で。

ATMまであるのはすごくない!?

弟氏は銀行に興味が持てないとのことでSuicaみたいな電子マネー作ってそこにチャージすることに。ここだけ唯一保護者同伴OKだった。たぶん概念が難しいから。キッザニアにて親子で学ぶフィンテック。

職業は僕たちが行った兵庫県甲子園の方は70個ぐらい、東京の豊洲は100個ぐらいあるらしいです。今回はこの中の5つしか体験していないわけで、何回通えちゃうんだキッザニアって感じです。

3歳以上、15歳以下の人がいないと入場できないそうなので該当する方は是非行ってみてください。そして感想教えて下さい。

そういえば僕も10年前に大学卒業してそのまま起業した時はホームページ制作楽しすぎる!って毎日わくわくしてました。
それなのに10年もやってるといつのまにかその気持ちも薄れてきちゃうんですよね。
そんな中、大学生とかにプログミングを教える機会があったりして、「そうだ、仕事って楽しいんだった」って思い出したりするんですよね。

そりゃぁ仕事なんで理不尽な事や辛い事もあったりするけど、そういうのも乗り越えて、定期的に「そうだ、仕事って楽しいんだった」って思える機会に触れたいなと思いました。

そういう意味で、キッザニア、最高でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

34

西小倉宏信

note編集部のお気に入り記事

様々なジャンルでnote編集部がお気に入りの記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。