ラグビー登山家 長澤 奏喜

ラグビーW杯に過去出場した全25ヵ国の最高峰にラグビーボールをトライする冒険、#WorldTryProjectを手掛けています。「登山家」「HP」と検索をかけたら一番上にヒットします。「バカだ」「アホだ」と言われておりますが、山のトライ王目指しています。
固定されたノート

僕はラグビー登山家

RWC2019のエンブレムに冒険物語を付与するために、世界中のラグビーファンの中で一番身体を張っており、現役の冒険家の中で一番動いている長澤と申します。 ラグビーボー...

冒険を志している者に冒険をさせることは社会的投資だ。

有名な冒険家とお話する機会がありました。その中で、自分が自分でいるために冒険をしているのであって、決して誰のためとかではないと伝えてくれました。その姿を周りの人...

ラグビーW杯版、聖火リレーを狙うのはコスパが良い!?

オリンピック種目になっている『柔道』は日本発祥のスポーツの代表として世界的な市民権を得たスポーツではあるが、そうでない日本発祥のスポーツ〜『駅伝』や『空手』、『...

オリンピックの聖火リレーはヒトラーが作った。ラグビーW杯の聖火リレーは僕が作る。

突然ですが、ラグビーW杯のエンブレムに基づいているこの冒険の究極的なゴールはラグビーW杯版の聖火リレーにすることです。今は自分一人で行っておりますが、未来のラグビ...

穴を掘らなければ、石油は出ない。

冒険の功績で有名なのは、コロンブスの新大陸の発見によって、ヨーロッパからアメリカへ世界の市場が変わっていた。 世界一の石油量を誇るサウジアラビア。つい85年前まで...

ジンバブエでラグビースクールを開校した、たった一つの理由。

『この世界から戦争や貧困をなくしたい』 その思いは僕だけでなく、人類の誰しもの願いであると思う。 僕自身もジンバブエで2年間、IT講師の立場で何かできないかとモガ...