見出し画像

0から10万PVを達成するまでにしくじったこと / 編集長はつらいよ "100万PVまで届く作戦会議"

僕が担当しているTABIPPO.NETは2018年1月現在450万PV。10万PVを達成したのは2015年でしたが、無駄だったなー いらなかったなーと思うしくじりがたくさんあります。

仕方なかった部分もありますし、今だから偉そうに振り返っていることもありますが、反省と次のWebメディア立ち上げへの(予定はありませんが)備忘録として残しておきます。


目的の定まらない記事が多かった

さあ、Webメディアをスタートするぞ!と意気込んで書いた記事は、「記事を書くこと」が目的になっていました。

まずは記事出すこと、記事数をKPIにチームを運用することはメディアのスタートとして正しくはあります。ただ、あまりに記事数にフォーカスしていたので、振り返った時に その頃の記事がメディアを支えてくれているという感覚はありません。

もし、もう一度 Web メディアを作るとしたら、何のための記事なのか目的をはっきりした上で始めたいです。


記事の企画を練らなかった

目的の定まらない記事が多かったという話とも関係しますが、企画の作り込みが総統足らなかった印象があります。ほぼライターが一人で考えた企画だったり、何を言いたいのかわからなかったりしています。

今は原則的に全ての企画に編集担当や僕が入って、少なくとも二人以上で企画を考える体制にしています。

やっぱり客観的に企画やタイトルを見てくれる人がいないと、独りよがりで色々なものを詰め込みすぎた企画になりがちだなと学びました。


記事の中身が薄かった

記事の文字数の平均が1000文字から2000文字ぐらいだったのですが、メディアの大規模が大きくなるにつれて、徐々に平均文字数は増えてきました。

様々な場所で語られてる通り、文字数が長いことが正しいわけではないのですが、読書の方が気になる情報を網羅して行こうとするとある程度の文章量があることは大切だと感じています。


アイキャッチ画像に時間をかけなかった

ここまで来ると全部がね、記事に手間と時間をかけなかったということで総括できてしまうのですが、最後にねアイキャッチ画像と呼ばれるタイトルと一緒に SNS なんかで表示される画像に手間暇をもうちょっとだけかければよかったなと思っています。

理想は有名なオウンドメディアのLIGさんみたいに、 フォントや装飾についてプロのクリエイターさんがこだわったような画像を作るのが良いのですが、そこまでやらなくてもちょっとした工夫をアイキャッチ画像につければよかったなと思っています。

なので、今は昔のアイキャッチ画像ちょっとずつ手直しにしています。TABIPPOにもプロのデザイナーがいるので、彼女にお願いすることを考えたのですが、すごく量が多いのでCanvaというツールを使ってプロではない編集部のメンバーでアイキャッチ画像を作っています。

綺麗なデザインのフォーマットをカスタマイズすることができるので、僕らみたいなデザイン界隈の出身でなくてもまあそこそこの画像を作ることができるので、Canvaおすすめです。


ソーシャルメディアにかけるリソースが少なかった

最後に、メディアのコンテンツからは離れた話です。TABIPPOは立ち上げには特にですね、 Facebook や Twitter などのソーシャルメディアが非常に強くて、メディアへの流入の70%ぐらいがソーシャルメディア経由だった頃もありました。

今は検索からの流入が増えたので、相対的にソーシャルメディアの影響力は減っているのですが、大事なキャンペーンであったりだとかイベントを PR する時に規模が大きくて愛されているソーシャルメディアがあるとはすごく助けになります。

ソーシャルメディアを放置してたわけではないのですが、Webメディアにかなり比重を置いていたので、今となってはもう少し地道に シャープさんとタニタさんのように人と人とのコミュニケーションを とっておけばよかったなと感じました。


まとめ

いかがだったでしょうか。 これから Web メディアを立ち上げ、またはすでに立ち上げは終わっているけれども、今から頑張っていこうとしている方の参考になれば嬉しいです。

Licensed material used with permission by 月間10万PVを達成するまでに失敗した7つのこと | Work Life Chaos


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートでいただいたお金は次の航空券やホテル代に還元されます!気が向いたらご支援くださいませ。

2

ルイス前田

《株式会社TABIPPO / 共同創業者》大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズを担当する技術派編集長です。ツイートは旅とWebと宇宙が多め。座右の名「ワークライフカオス」な毎日を送ってます。

TABIPPOという会社について

2010年に設立されたTABIPPOは、2014年に株式会社になりました。「旅で世界を、もっと素敵に」という理念に向かいながら、新しい組織の在り方を試行錯誤しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。