見出し画像

la la la 137. ところで「餃子」を食べませんか?(By ラム子)

こんにちは。餃子の話。
ところで「餃子」を食べませんか?笑

これはすごくシンプルな話で、餃子食べましょ、っていうだけの話です。
なぜこんなことを急に言い出したかというと、
去年の夏からなんかすっごく餃子ばっかり食べていることに加えて、
「突先」でも書いたスピリMの滋賀来訪に際しても彼女が「餃子」をお土産にくれたことや「なんか餃子って神事の前後(縁起の交換のあと)に食べる流れになるよね」って言っていたことを聞いて「へえ」と思っていたんだけれど、実は先日、親友がうちに遊びにきた時に急に「家で餃子パーティしない?」と言ったことがわたしにはとても「!!!」と思ったことだったのです。

まず彼女と餃子パーティするのは初めてだし、彼女も東京で餃子作るのは初めてだわって感じだったし、おまけにわたしが心の中で、近所の中華屋さんに一緒に行こうと思っていた(もちろん餃子を食べに)というのもあって「何で今日あなたも餃子って言うの!」っていうある種のシンクロを感じたんです。これも何か一つの縁起の交換なのかしら、って。

それで、調べるのが大好きなわたしは、親友が帰ってから「餃子」と「縁起」の因縁について調べまくったわけなのです。

そしたら何と、もうご存知の方はごめんなさい、
餃子ってめっちゃ縁起のいい、縁起がいいというか縁起かつぎの食べ物なのだということがわかったのです。また主に金運をあげる食べ物なんだとか。

じゃじゃーん。この船にも似た形のこれ、何かわかりますか?
これが実は、中国の「旧貨幣」なのだそう。そして餃子というのは、それを形どった食べ物なのだそうです。それで中国では新年に、縁起を担いで餃子を食べるのだとか。そして中国の正月は暦でいうと旧正月なのですが、
今年で言うと2月5日でした。まさに2月6日にスピリMが餃子を持って滋賀にいらしたわけですけど、ほぼほぼ新年の縁起の挨拶とうことだったのだなあ!びっくり。このことをスピリMも知らなかったみたいですが、要するになるようになっている、ということでしょうか。笑。

というわけで、じゃあ2月に餃子を積極的に食べるのはこれ、めちゃくちゃありじゃない!?って思って、わたしは親友が餃子を作ってくれた先週の日曜日以降手作り餃子にいそしんでいます。笑。

そういったところからの「ところで餃子を食べませんか」でした。
金運が上がり子宝に恵まれるというラッキーフードです。

ネットでも「餃子(スペース)縁起」とか「餃子(スペース)金運」とかで検索するとたくさん出てくるので興味がある方はみてください。

また、その日の日中はわたしが前週はまっていた”チョコレート作り”の余ったチョコを親友に振る舞ったのですが、ついでにチョコレートのことも調べてみると、何とチョコレートは「金毒(ごんどく)」という、お金の出入りに伴ってついてくるウイルス的なマイナスの気を、浄化するというこちらもラッキーフードでありました。「金毒」なんて言葉があること初めて知りました。これについてはまた近々お伝えしますね。

つまりその日、わたしの手作りチョコで我らは金毒を祓い、
彼女の手作り餃子で金運を高めたという、
そんな縁起づくしの会になっていたのです、自然にね、不思議!

わたしはあまり「金運」に焦点をあててこなかったし、なのでラララにもあまりお金にまつわることって書いてこなかったと思うのですが、
なんだかとても「金運」に対して考える大きなきっかけをもらったように思うので、またそれに関しても書いていこうと思います。

まずはみなさま、食せよ、ギョウザ!

なるべくあの通貨の形に似せて包んでみる。笑。

それでは、らるらるらん♪
ラララ世界で会いましょう☆ 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

嬉しいです ( ´ ▽ ` )ノ

happy new year✨🎍✨
4

ラララ・ラム子

ラララ・ラム子の「ラララ世界」へようこそ!!✨ 日本の小説家(Mocako.N)でもあるラム子がこの数年、五感プラス” 1 ”を澄まして聴いた「古(いにしえ)の声」をみんなに伝えていきます✨生きとしいける日々の中から生まれる叡智のことを、人はアルス/art(芸術)と呼びました。

不器用さんに贈る「古(いにしえ)の魔女の智慧」(2018)

不器用さんに贈るラララ讃歌。ほんのちょっとしたことで、その瞬間から毎日が「la la la」する、世界の小さな声、暮らしのアルス(知恵)を伝授します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。