漫画家 琴葉とこちゃんが亡くなりました。

とこへ、画像お借りします。

2018年7月5日に漫画家の琴葉とこちゃんが亡くなりました。遺族からは『事故死』と説明されました。

そして2019年5月12日のコミティア128にて、しぐまごまと彼女が今までやった仕事や、私たちが思うことをまとめたものを『あの部屋と缶ビール』というタイトルの本を出しました。
(後日通販あります。)
彼女がなくなったことをすぐに言えなかったのは理由があり、それは本に書いてあります。気になる人は買ってください。

そしてここからは私が感じたことの文章になります。

今までは知り合いの知り合いとか、直接会ったりはするけれどイベントで1回会ったことしかない人たちが逝ってしまい、それをただみているだけだった。今回は違くて、10年来の付き合いでとこが中学生で私は高校生のときに出会った。月に1回は会ったりとこの家でお泊り会を何度もした記憶がある。

仲の良かった友人の死の前に「私は無力だ」とぼんやり考えた。
電話でとこの死の知らせを受けた。私はその時泣けず、報告してくれたごまの声が震えていたのを覚えている。とこと仲が良かった子に「とこ、死んでしまったらしい」と告げると「あー、やっぱり。ちゃんと逝けたんだね。」と話していてた。“ちゃんと逝けた”、その発想はなかったな、その友人らしい言い方だった。

夜寝る前になり、布団の中で考える。「なぜあの子が?」と。亡くなったとこは今まで何度もODで運ばれていた。Twitterで数日反応がないと危険なのではと、皆で連絡を取り合っていた。今回はみんな忙しかったこともあり、誰もとこに連絡ができなかった。

『死』というものを考えるたび、
私は『死』に近づいていってるような気がする、それは悪い意味ではない。案外死ぬことは悪い事じゃないのかも、もう会えないけど皆いつかは死ぬ、いきつく所は同じ。それが早いか遅いかの違いでしかない。

そうやって気丈に考えられるときとそうではない時がある。いつもいろんな意味でとこの事を考えている、「会えたらなんて言おうかな」とか好きそうなものを街中でみかけたら「とこ、これ好きそうだな」と思う。

ひだまりのような人間だった、優しさに満ち溢れて一緒にいて楽だった、楽しかった。

ああでも、さびしいな。さびしいよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

153

Nahoruru

マガジン2

コメント3件

初めまして。琴葉さんと昔一度だけメッセージをやりとりさせていただいた者です。
この度は貴重なご報告をいただきありがとうございます。
彼女のご冥福を祈るとともに、何か彼女に届かぬとはいえ届けられるものがあれば…と心が揺さぶられています。
私に何かできることと言うか、届けられるものはございますでしょうか。
感情的になりつつのコメント失礼いたしました。
蟹飴さん>> コメントありがとうございます。お返事遅くなりごめんなさい。
蟹飴さんがたまにとこの事を思い出してくれるだけでも彼女にとって救いになると思います。私たちは忙しい日常を過ごす事で精一杯で亡くなった人の事をすぐに忘れてしまいがちです。
『覚えている事』それが私が心がけている事です。

なんだか上手いコメント返しができずごめんなさい。noteに直接コメントをしてくれたのはあなただけだったので、私は嬉しかったです。
こちらこそお返事遅れてしまい申し訳ございません。
私こそ拙文を残してしまいましたにも関わらず、そう言っていただき大変恐縮です。

身の上話ではありますが、私は琴葉さんと同い年で、昔メッセージをやりとりさせていただいた際は、私も中学校で不登校になっていました。あの頃「メンヘラちゃん」に心救われ、その後も学生時代は紆余曲折あったものの、今年から新社会人として人生のステップを進んでいます。
日々を過ごす中で、残され今後も生きる私の心に、琴葉さんのことを留めていようと思います。
この度はご返信いただき誠にありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。