夢日記の臨界点

4
ノート

バラナシにも、セロトニンの所在【 #夢日記の臨界点 第9回】

6/12 駆け寄る岡島、立ち去る岡島

30mほど先から、弊社の岡島が全力疾走で駆け寄ってきて、「どうした?」と聞いたら、「調整、無事に、完了しましたーーーーー!!!!!」と叫び、また元いた場所へ全力疾走で戻っていった......

6/13 バラナシ、つんざく街の臭い

バラナシにいる。つんざく牛の糞尿にかけ混ぜられた街の匂い。目を凝らすと、その風景はコルカタのそれと、溶け合っている気も。アーユ

もっとみる
やった!ありがとうございます!
8

「ヒソカの倒し方を見つけました」【 #夢日記の臨界点 第8回】

6/5 エイエイオー

GO三浦さんと、肩を組みながら、声が枯れるまで「サムライソウル」を高らかに歌う。

6/6 連なる小原の影

ホテルに缶詰になって、オバラくんと一緒にいたからなのか、夢にも彼が出てきた。どこまで行ってもつきまとってきて、最後は抱きついてきた。

6/7 「うじゃ、うじゃりゃぁぁぁぁあああ、いつのことだっけ?」

昨晩の続きなのか、やゔぁい寝言を連発していたらしい。ちなみに、

もっとみる
やった!ありがとうございます!
7

白木屋の中の、中の泡を漂う【 #夢日記の臨界点 第7回】

5/29 8,000万円を寄付

どこかの慈善団体に、8,000万円程寄付する夢。
最近みた、投資家ウォーレン・バフェットのドキュメンタリーがなんらかの影響を与えているかも。

5/30 白木屋の中の、白木屋の中の泡に漂う

白木屋の中の、白木屋に浮かぶ泡の中。無限構造。膝を折りつつ、窮屈そうに対面に座り合う俺と小池。

態勢は窮屈に、丸く閉じ込められていて、閉所恐怖症に陥ってもおかしくないのに、

もっとみる
やった!ありがとうございます!
6

サザーランドと、蝉【 #夢日記の臨界点 第6回】

5/22-23 記憶のトリガーの切断面

メモに日付が入っておらずで、どっちでみた夢なのか定かではない。

「『夢日記』とか取り始めると、現実がジャムり始めるんじゃないの?」

なんて、何人かに尋ねられたけど。ちょっとそんな気配がしなくもない。が、まあ大丈夫でしょう。

短期記憶と長期記憶。完全に記憶の彼方で忘却されていた、風景や言葉がフラッシュバックすることがある。

人間の記憶や脳のトリガーを

もっとみる
やった!ありがとうございます!
6