医療にも人材にも興味なかった自分がエムスリーキャリアで働く理由

エムスリーキャリアという会社で採用担当をしている横山です。2016年10月入社なのでまもなく在籍期間は3年になります。

入社してから一貫してミッションは「採用」でして、現在はエンジニア・マーケティング部門が担当領域です。事業の成長スピードに採用スピードがぜんぜん追いついておらず、、毎日のようにあーでもないこーでもないと色々考えながら楽しく働いています。

さて今日は『医療にも人材にも興味なかった自分がエムスリーキャリアで働く理由』というテーマで記事を書いてみたいと思います。

医療に関心ある人しか入社してこないイメージを持たれがちですが、そんなことないですよというのが伝われば幸いです。

入社のきっかけは会社の倒産

まず私がエムスリーキャリアに入社したのは前職の会社が倒産したのが理由です。

大学院を修了して2015年の4月に新卒で不動産ベンチャーに就職したのですが、その会社が入社後1年半で倒産。

入社のきっかけになった役員や自分を可愛がってくれてた先輩たちからどんどん居なくなっていく。加えて自分が採用活動を担当した2016年入社の新卒・中途メンバーに多大な苦労をさせてしまったことはなかな辛い経験でした。

倒産直前の数ヶ月は給与も支払われない状況で、当時の同期と1Kの部屋をシェアし、実家から送ってもらった米を炊き、一杯のカップラーメンを分けあってなんとか食いつないだりしてました。

そんな中でご縁があったのがエムスリーキャリアでした。面接はほとんど手ごたえがなく、不合格であろうと思っていたところ「ハキハキして元気がある」という理由で内定。ハキハキして元気な性格に育ててくれた家族に最も感謝した瞬間でした。

そんな経緯で入社しているので必死になって働こうという気持ちは強かった一方、当時の自分には医療や人材という領域にも、エムスリーキャリアのミッションにもあまり強い関心はありませんでしたというのが正直なところです。

『医療×人材』は意外に身近なテーマだと仕事を通じて知る

そんな自分でしたが仕事を通じて医療×人材領域の課題に触れ、だんだんこれはかなり身近なテーマなんだと感じるようになっていきました。

例えばエムスリーキャリア内では「30万人/1億2000万人」という数字がよく話題になります。「30万人」とは日本にいる医師の数、「1億2000万人」は現在の日本の人口を指しています。

医師1人で400人くらいの方の健康を支えていかなくてはいけないのが今の日本です。ここから出発して医療業界では人手不足や過重労働、医療機関の赤字経営などが大きな問題となっています。

私自身は幸いにして大きな健康問題は抱えていませんが、90歳を超えた祖父母、間もなく定年を迎える両親との未来を考えると、日本の医療や介護の制度と向き合う日がそう遠くないうちに来るはずです。

どんな人にとっても自分の家族や親しい友人・知人に、良い医療サービスを受けられる機会があることは大変重要でありがたいことだと思います。

医療従事者の方、医療機関のサポートをすることで、結果的に自分の周囲にいる身近な人の役に立てるかもしれないという感覚。それが今の仕事のやりがいに繋がっていると思います。

目的・課題ドリブンな仲間

もう一つ、自分がエムスリーキャリアで楽しく働ける要因として、周囲の仲間は大変重要です。

各種社内アンケートでもエムスリーキャリアには「良い人が多い」という声が大変多く、人事担当としては聞くたびに嬉しくて飛び上がってしまいます(笑)。私もエムスリーキャリアには大変多くの良い人が働いていると自信を持って言えます。

じゃあ具体的にこの「良い人」ってなんなのかですが、人としての性格面はもちろんですが、私は仕事の目的・課題に対してまっすぐに向き合う人がとても多いと思っていて、個人的にとても好きなポイントです。

業務の目的や課題は何かを考え、常に物事の本質に向き合おうとするので、達成手段に固執する人が少なく、無駄なことに時間を取られない。結果としてストレスが少ない状態になっていると思います。

もちろんこれはエムスリーキャリアでの仕事がラクということではありません。物事の本質を見極める議論は遠慮なく行うので、考える力、思考体力は結構求められるし、私は苦労も経験しました。

そういったストイックな部分も含めてエムスリーキャリアですし、それによって得られる成長はとても価値があると思います。

エムスリーキャリアはまだまだ成長の途中

ここまで長々と書いてきてしまいましたが、エムスリーキャリアは「イキイキと働く医療従事者を一人でも増やし、医療に貢献する」会社です。

現在は医療従事者の方のキャリア支援サービスだけでなく、情報メディアや医療機関の経営コンサルティングサービスにも注力していて、事業領域も広がってきています。

私のミッションはより沢山の素敵な仲間を引き入れ、エムスリーキャリアがより多くの価値を社会に届けられる土台を作ること。

もっともっと沢山の素敵なご縁を作り、「イキイキ」で溢れる組織にしていけるように頑張りたいと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

【自己紹介note】 https://note.mu/ryo810168/n/nff2e09e34e8a

ワ―――ヽ(・∀・)ノ―――イ
3

横山嶺

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。