新川 諒

【英語×スポーツで海外との架け橋に】「海外との仕事、日本での外国人サポートします」フリーランスとしてスポーツ関係を中心に活動してます。

Fリーグを10年ぶりに観に行ってみて

大雪の可能性がニュースで報じられる中、駒沢セントラル開催のFリーグの試合を観に駒沢オリンピック公園まで足を運びました。

最寄駅を降りて、公園の中に入っても試合会場に辿り着くまで本当にここで合っているのかなと、不安になるぐらい人気はありませんでした。

ですがこの日はセントラル開催で4試合が次々に同会場で開催されていました。Fリーグファンにとっては同じ値段で4試合も見れる事から朝から訪れていた人が

もっとみる

10年前に感じた米国サッカーの可能性

米国のスポーツシーンを語る上で最近サッカー事情を尋ねられることが増えてきました。米国サッカー盛り上がっているみたいだね?MLSの試合見に行った事ある?など明らかに海の向こうでの様子に興味を示している人達が増えてきています。

そんな質問にお答えするため米国のサッカー界においてはプロフェショナルである中村武彦氏が著書を出版しました。私も読ませていただきましたが、これまでの背景、そしてMLSの舞台裏を

もっとみる

変わりゆくスポーツ中継の魅せ方&楽しみ方

ライブスポーツイベントはこの時代唯一と言っても良いぐらい視聴率が確保出来るコンテンツとされています。そのため日本時間2月4日に開催されるスーパーボウル中継のコマーシャルは30秒帯1つが約5億4800万円で売買が行われている程です。

生いわゆるライブというのが最大の武器であるスポーツ中継。長年米国のスポーツ中継を見ていて最近はファンの楽しみ方の変化に合わせて、魅せ方も変わってきていると思います。

もっとみる

国際大会でもみんなが当事者となれるハッシュタグを作ろう

帰省中の1つのツイートから新たなスポーツ観戦の形を当事者としても体験する事になるとは思ってもみませんでした。

天王寺駅にあるやまちゃんという有名なたこ焼き屋で食事をした事をきっかけにその写真を含んだツイートをしてみたところ、同じく帰省をしていたFC今治の中島さんが「ここが一番旨い!」という反応をしてくれました。そんなやり取りからスタートしました。

私はそれに対して別のたこ焼き屋を紹介、さらには

もっとみる

米国大学進学の決断を振り返る

米国大学へ進学するためにオハイオ州クリーブランドへ旅立ったのが13年前の2005年。ぶっちゃけ行って良かったのか、悪かったのかと問われれば自信を持って行って良かった!と答えます。

この答えが変わることはおそらく一生ないと思います。
中高大一貫のいわゆるエスカレーター式に通っていたため、大学へは入試なしで進学出来る可能性が高かったです。そのため同級生の95%以上はそのまま進学したかと思います。記憶

もっとみる

フリーランスの複業家に沸き起こる課題

「最近何を中心に仕事しているの?」

こういう質問をされて、一言で返せない。そんなジレンマがある。説明し始めると長くなり、2つ目ぐらいでお腹いっぱいにさせてしまう。自分の今を何と表現したいか。それを考えた上で短く答える事にしている。

フリーランスの複業家として抱える課題に対してどう取り組みべきか皆さんと一緒に考えてみたい。ぜひご意見等をいただければ幸いです。

あなたの肩書きは?

役職もなく、

もっとみる