JDK インストール(macOS)

Oracle の JDK ダウンロードページにある .dmg からインストールしようとしたら、システムワイドに環境を汚染するほかないみたいで(「すべてのユーザーが使えるようになります」って、大きなお世話だ)気に入らない。

tarball から個人用の環境に導入できたので手順をご紹介。

1. JDK ダウンロードページから最新版の tar.gz をダウンロード
 このページを書いている時点では jdk-11.0.2_osx-x64_bin.tar.gz。

2. (Safari を使うと macOS の余計なお世話機能で gz が展開されて) jdk-11.0.2_osx-x64_bin.tar が ~/Downloads フォルダーに配置される

3. ターミナルを開いて、以下コマンドを入力・実行する

mkdir -p ~/Library/Java/JavaVirtualMachines
tar xf ~/Downloads/jdk-11.0.2_osx-x64_bin.tar\
 -C ~/Library/Java/JavaVirtualMachines

以上。これで導入完了。

* * *

念の為、以下コマンドを実行して使えるようになったことを確認。

/usr/libexec/java_home

僕の環境では以下がエコーバックされた。

/Users/ryohji/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-11.0.2.jdk/Contents/Home

インストールされた java VM が使えることも、念のため確認。

java --version
java 11.0.2 2019-01-15 LTS
Java(TM) SE Runtime Environment 18.9 (build 11.0.2+9-LTS)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM 18.9 (build 11.0.2+9-LTS, mixed mode)

参考

Java SE - Downloads | Oracle Technology Network | Oracle
macOSにOpenJDKをインストールする

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

りょうじ

東京暮らし、子らの父で妻の夫。工学研究科情報工学専攻修士。職業プログラマー。 ゲーム好き、アニメ好きのはずが、最近はどちらにも時間を割り当てられない。

技術メモ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。