「週100時間労働」の先に見えたもの。

長かった1週間が終わる。
6/16(日)からスタートした「1週間100時間作業チャレンジ」の最終日。


結果を先に伝えようと思う。

\㊗️100時間達成しました😭/

正確に言うと、この記事を書き始めた時点では達成していない。23:25までに書き終えてしまうと100時間に達しないのだが、きっと僕のことだから23:58とかに更新するはずだ。

証拠のデータを載せておく。時間管理ツール「TimeCrowd」で丁寧に記録したレポートが下の画像。一応 23:30 までnote執筆をしたことにしてレポートを出しているので、書くスピードが遅いともうちょっと総作業時間数が増えることになる。

このレポートは本当に正しい記録なのかって?
まあ疑われても正確に記録していた証明なんて誰にもできないわけで、本当かどうかは僕の言動から判断してもらえばいい。(半分自己満だから疑いたきゃ勝手に疑ってればいいよ)


さて、レポートの分析に戻ろう。(そもそも分析してたんだっけ?)

余裕綽々と9時スタートにした初日(日曜日)と、熱海の オーシャンスパfuua に取材を兼ねて突撃した水曜日以外は、アベレージ15時間超を達成してる。ちなみに言うと、睡眠時間は大体1日4時間ぐらいだったはず。

iPhoneの「ヘルスケアアプリ」に記録されてたデータを見る限りでは、おそらく間違いない。(なぜか木曜日だけ記録されてない・・・)

昼寝もちょっとしてたから、大体1日4時間平均だと思う。

そんなこんなで、なんとか達成しました。週100時間労働。

あまりちゃんと頭が回ってないですが、「100時間チャレンジ」を通して感じたことをダラダラと書いていこうと思う。


体のどこよりも「目」が疲れる

イーロン・マスクが「週100時間働け」と言っていたことを真に受けて今回の挑戦をしてみたわけだけど、僕の誤算は【ほぼ全ての作業はパソコンに向かってる】ということ。

なあイーロン、お前の100時間にはミーティングやら企画会議やらが入ってるんだろ? 俺は全てパソコンに向かう作業だ。ずっと目を酷使してるから、体や頭の疲労よりも『目』の疲れが酷いんだ。

あまりに酷いから、昨夜は ホットアイマスク をして寝たよ。幾分かマシになったから、今日も買って帰るつもりじゃ。


5日目〜6日目が疲れのピーク

4日目までは「このペースなら全然いけるな〜」って思ってたよ、実際。

だけどなんだ、5日目からマジでフラフラだったんだ。作業してるはずなのに、気づいたらほとんど何も進んでない時もあったから、生産性で言えばズダボロもズタボロだ。

てか、昨日のnoteをFacebookにシェアした記憶がない。誰か勝手に公開ボタンでも押したでしょ??



1日14時間も働くと曜日感覚がズレる

火曜日に「今日はもう木曜日か〜」と本気で思ってたぐらいに、働きすぎると曜日感覚がズレてくる。

週刊漫画雑誌の発売日で曜日を覚えてるんだけど、火曜に「マガジンを読むのはチャレンジが終わるまでお預けだな!」と意気込んでたぐらいなので、末期中の末期だね。

この1週間だけは人生を「倍」生きてる気がして、世間の流れについていけてない感が生まれてます・・。きっと浦島太郎ってこんな感じだったんだろうな〜


追い込まれる感じも嫌いじゃない

嫌いじゃないよ。このちょっと無理して頑張ってる感じ。もうしばらくはやりたくはないけど(笑) あれだ、1人100kmマラソンに挑戦した時と同じ気分。


更新数は変わらない

100時間もあればバンバン記事を書いて数日分のストックを用意しておけると思ったんですが、全く無理でした。

普段と同じ通り、1日1本。これが今の僕のスタイルです(リライトはいっぱいしたけどね)


記事の質が上がった

ただ、その一方で、記事の質は間違いなく上がっていたように思います。

「時間があれば質を追い求めてしまう性格」なんだなって思いました。

またひとつ、自己理解が深まった気がする。


なんか知らんけどバズった

熱海の日帰り温泉施設「オーシャンスパfuua」に行ったことをツイートしたら、ビビるぐらいにバズってます。

執筆時点で「830RT」「4213いいね!」が付いてます。

密かに「バズること」を目標に掲げていたのでひとつの夢が叶いました。


猛烈にデートに行きたくなる

自分を追い込んで頑張っていると、「猛烈にデートしたい気分になる性格」だということもわかりました。

猛烈にデートがしたいです。←


週70時間労働ぐらいが丁度いい

最初からわかっていたことですが、週100時間労働はブラックがすぎる。

正味60〜70時間(1日10時間×7日間)ぐらいが、生産性を高いまま作業に取り組めて丁度いい気がしました。

残りの30時間ほどは、本を読んだりランニングをしたり、自分の内側を磨く自己投資の時間にしたいなと思います。


この夏は自分を追い込んでみる

というわけで、今年の夏は「受験を控えた高校3年の気分」で毎日しっかりと10時間は仕事に取り組むことにします…!!!

フリーランスになって1年。自由な時間に自由な場所で働けると自分に対して甘くなっていた気がするので、この夏は徹底的にやります。やったります!


大事なのは「明日」も淡々と生きること

で、そのために大事なのは、「1週間頑張ったから明日は休もーっと」とならないこと。つまり、「明日も今日と同じように仕事をする」のが重要なことです。

寝不足なので朝はゆっくりしつつも、しっかり10時間近くは労働したいと思います!!


最後になりましたが、、、

焼肉を食べたい🥓

polcaでのご支援のほど、お待ちしてます!!(切実)


- - - ✂︎ - - -


というわけで、今日の記事は以上です。
眠くなりました。気づけば100時間超えてたので、無事に公開できそうです。

では、またあした〜!

▶︎ 合わせて読んでほしい記事 ◀︎
>> あのときの選択の正しさは、「今の自分」にしか証明できない。
>> 毎日淡々と生きるコツは、ルーティンを守ることに尽きる。
>> 2020年5月の「最高の1日」を考える。


今日は2,400字ほどの記事を更新してます。
この春から使い始めた完全防水のバックパックのレビューを書きました。


おまけ:6月22日の日記

こちらの「有料おまけコーナー」では、日々の日記をつらつらと書いてます。

単品だと100円で読めますが、290円の有料マガジンを購入いただくと5月分の全ての記事を読むことができます。月に3本以上単品購入するなら、マガジンの方がお得です。

この続きをみるには

この続き:82文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
毎日の日記を綴ったおまけコーナーを購読できます。月に3本以上単品購入するなら、マガジンを購入する方がお得です。

毎日更新している記事の文末「有料おまけコーナー」を全て購読できるお得なマガジン。

または、記事単体で購入する

「週100時間労働」の先に見えたもの。

りょうかん@毎日更新

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお金は、文化的な投資に使わせていただきます。

フォローもよろしくね!
14

りょうかん@毎日更新

鳥取出身、1990年生。 約3年間「ホンバコ」というブックカフェを経営した後、ブロガーに転向。 熱海と鳥取の二拠点生活をしながら、ブログ( https://ryokan1123.com/ )を書いたり、WEBメディアの編集をしたり、新規事業相談に乗ったりしつつ、生計を立ててます。

月刊りょうかん[2019年6月号]

毎日更新している記事の文末「有料おまけコーナー」を全て購読できるお得なマガジン。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。