見出し画像

仕事に活かせる認知バイアス集

全18回の「認知バイアス講座」の中でも、おすすめの認知バイアスを紹介します。

01_ゼンメルワイス効果

すでに確立されたルールや規範、信念と矛盾することを反射的に拒絶してしまうこと。

02_行為者ー観察者バイアス

自分の行動原因は「状況」や「出来事」のせいにしてしまう。反対に他者の行動原因は「性格」や「能力」が原因だと考えてしまうこと。

03_注意バイアス

何かについて繰り返し考えている状態が続くと知覚に影響がでること。ポジティブなことにもネガティブなことにも働き、代替手段を考えなくなる可能性が高まる。

04_確証バイアス

自分にとって都合の良い情報や意見を取り入れ、それ以外は排除してしまう働き。

05_透明性の錯覚

自分の考えや感情が、実際以上に他者に伝わっていると思ってしまうこと

06_フレーミング効果

質問や問題の提示の仕方によって、意思決定が変わってしまうこと。選択肢が複数ある時、人は絶対的な評価ではなく相対的な評価を元に判断をする。

07_現状維持バイアス

提示された選択肢にメリットもデメリットもある場合、リスクを恐れ合理的な判断ができず、現状維持を好んでしまうこと。

08_ピークエンドの法則

体験は「感情のピーク(最高なのか最低なのか)」と「体験終了時の印象」で評価する傾向のこと

09_ユニット効果

与えられたタスクやモノをその量や大きさにかかわらず、とにかく終わらせようとすること

10_デフォルト効果

人の選択は、設定された初期値に強く影響される

こちらのマガジンもぜひ購読ください ;)

認知バイアスだけでなく、別分野の記事も増やしていく予定です。共同で運営してくださる方も大募集中です!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いた資金は子供支援団体などに寄付していきます。

この流れでコメントもm(_ _)m
61

こびー

リサーチやワークショップを通して体験をデザインする仕事をしています。人の行動や思考、本音を探るのが得意です。日々の学びや人間の理解を深めるコンテンツを発信中。週末はサーファーです。著書:「おいしいアイディア」https://goo.gl/zyDUyF

明日から使える「人」と「心」の動かし方

行動経済学や認知心理学を通して人とその心はどう動くのか?探求していくマガジンです。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。