デザインリサーチ実践『第二回:ダウンローディングする』

キャッチアップ

もしインタビューに同行していない場合は「質問」をして、共有されている意見や観察結果に「ついていけている」ということをちゃんと感じてください。

他人が描いたメモを見てみるのも役立ちます。ボード/壁/シートなどを使う場合は、ポストイットを貼り付けていくということもできます。

インタビューを完了させて、ダウンローディングする

ダウンローディングはタクシーやホテルの部屋、電車などでもできます。たいていの場合「早い」のが良いのですが、完璧な仕事をすることを忘れないように。

帰りのバスの後ろで「ダウンローディング」を始めることは生産的に感じることもありますが、メモをなくしたり、ちぎってしまうと節約するどころか、時間が余計にかかってしまいます。

すぐに絞り込む事は「不安」に感じるかもしれません。そして、2時間もかかったインタビューを12から15の要点に絞るのは少し「変」に感じるかもしれません。

でも、自分の「直感」に自信を持ちましょう。削ぎ落とすべきものは、自然にそうさせてください。最終的にこれが首尾一貫したストーリーに統合していく上での「最初のステップ」なので、メンバー全員があなたが絞り出した要点に同意する必要があります。

ゴールは、インタビューの「詳細」について書くことではありません。

その後に続く「デザインプロセスを刺激するモノ」を抽出することであるということを忘れずに。

次にやること

リサーチを続け、ダウンローディングをしていくにつれ、ポストイットが溜まっていくでしょう。すべて「同じ方法」でダウンローディングされるべきです。デスクリサーチの場合でも、ポストイットに残しておきましょう。

リサーチが終わった時、ダウンローディングしたすべてのコトを1つにし「統合」を始めます。このプロセスは、たくさんの観察結果をチャンスのある領域へと移行させます。

次回は、インサイトの統合について解説します。

ーーー


Original article posted by Matt Cooper-Wright on Design Research Methods, translated by Ryo Kobiyama with permission. Supervision by Lina :)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いた資金は子供支援団体などに寄付していきます。

この流れでコメントもm(_ _)m
11

こびー

リサーチやワークショップを通して体験をデザインする仕事をしています。人の行動や思考、本音を探るのが得意です。日々の学びや人間の理解を深めるコンテンツを発信中。週末はサーファーです。著書:「おいしいアイディア」https://goo.gl/zyDUyF

デザインリサーチ

2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。