見出し画像

紙は売れない、電子なら読むかな的な・・。 ~いまのこしの~

作画二日目・・・。

久々にペン入れすると疲れる・・・。


ま、それはともかく

最近ツイッターで、作者が作品の告知する事についてのやり取りが

多く目に付きます。


「知ってもらうためにやるのは当然」とか

「必死で告知してると、売れてないと言ってるようなもんから、控えたほうがいい」とか

私はやってます。

ぶちゃけ、昨年は

単行本売り上げをみると紙より電子のほうの売り上げが多かったですから。

(去年の新刊だけじゃなくて、既刊本含んでの売り上げですよ)


たぶん、今の私はそういう漫画家。

紙は売れない、電子なら読むかな的な・・。


作者それぞれの特性があるらしいので、

見極めて告知すればいいだけのことですね。



もちろん全然満足はしてません。

紙でも売りたいです。

めちゃくちゃ。


最近強く感じるのは

10年以上漫画家されてる方で

今爆発的に売れてる方々は

今売れてる作品の

前の作品があまり売れて無くても

その作品はとても面白いということ。


売れる売れないは「運」もあるとは思いますが

もがきながら、面白い作品を作りつづけなければ

売れないということ・・・。


当たり前な事ですが

たまに、折れそうな時はこのことを思い出そう。

と、思っています。


さて、作画に戻ります。


ありがとうございます。

また明日・・・かな?



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。 サポートいただけると、漫画家寿命が1日伸びる気分です。 これからもずっと、noteがんばるぞ!!

トランキーロ=あっつせんなよ!
18

こしのりょう(こっしー)漫画家

会社員から30歳で漫画家になろうとしたが、ほぼ主夫に。35歳からなんとか漫画家らしくなり、十余年。「Ns’あおい」「町医者ジャンボ!!」医療漫画多めです。現在は「銀行渉外担当 竹中治夫」連載中!https://twitter.com/koshinoryou?lang=ja

コメント1件

「〜したい。」ってちゃんと宣言できる人、きっぷがいいなぁ。と思います。しようと思う、とかできれば、とか思いはある、とかゴニョゴニョゴニョゴニョ…したいんだぁぁぁぁ!なぜなら、したいからだぁぁぁぁ!くらいのテンションでもいいんだよと言いたい。
漫画は紙が嵩張る問題について漫画ラブな私は悩みがちです。でも、読み返す時に好きなとこすぐいけないじゃん。それで場所が…四次元ポケットがほしい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。