見出し画像

「才能」と「天才」というキャッチコピー

昨日は鶴瓶さんの「家族に乾杯」を観ました。

福島の81歳のおじいちゃんが出ていて

「夢がある

歩いて自宅から那須連峰まで歩いていきたい

そのためにマウンテンバイクで日々鍛えている」と


そして自分のこと「幸せです」と。


「うらやましー!」と思いました。

自分が81歳まで生きれたら。こういう感じになりたいなぁ。と。


ちょっと前までは

私の「うらやましー」は100%、「売れる」とか「お金持ち」でした。

そのためには「才能」とか「天才」という商標が必要なのかな?

と思っていました。

たぶん必要です。


ただ、最近は「才能」とか「天才」という言葉を

意識的に使わないようにしています。


今まで私は

「才能ある」とか「天才だ」は

自分にくらべて「私にはない力がある」ということで

嫉妬や羨望から発した言葉でした。

その「嫉妬や羨望」のキャッチコピーのように使っていました。


でも、よく考えたら

こんな私を基準にして発した言葉ですよ。

言われた当人にしてみれば、

「なんでお前が基準?俺の基準違うし、

安易に祀り上げてんじゃねーよ」

と思うのではないかと思ったからです。


それに私もこの言葉を使えば安易です。

「かないません」と、白旗をあげるだけなので。

それもちょっと悔しい。


だから最近は使うの極力やめました。



「すごいな」とか「おもしろいな」とか感じたとき

「うらやましー」と思い

「なんで、オレ思いつかなかったんだろ」と思い

「オレだったらこういうにできるかな?」

「がんばんなきゃ」と思います。


81歳のおじいちゃんに

どんな人生があり、どんな苦労があり

ここまで来たかわからないし

そこまで知ろうとも思いませんが

今が楽しそうなおじいちゃんは

「すごい」と思いました。


歳をとればとるほど「すごいな」と思う人が

増えていきます。












この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。 サポートいただけると、漫画家寿命が1日伸びる気分です。 これからもずっと、noteがんばるぞ!!

あいしてま~す!
37

こしのりょう(こっしー)漫画家

会社員から30歳で漫画家になろうとしたが、ほぼ主夫に。35歳からなんとか漫画家らしくなり、十余年。「Ns’あおい」「町医者ジャンボ!!」医療漫画多めです。現在は「銀行渉外担当 竹中治夫」連載中!https://twitter.com/koshinoryou?lang=ja

何度も読み返したい素敵な文章の数々vol.10

コメント1件

最後の一文、良いですね(*´▽`*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。